バージンロードにウェディングドレスのガチムチ男乱入!爆笑花婿!ガチムチ男の正体は…?


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

米ケンタッキー州に住むローガン・マーティンさんとメーガン・マーティンさんは、’19年6月19日に結婚式を挙げた。


©Facebook/Megan Rose Marthin

この写真を見ると、ロマンチックな結婚式を挙げ、今もラブラブの2人と思う。それは間違いないのだが、結婚式のサプライズがとんでもなかった。それは何か。

人生サイコーの場面にガチムチ男乱入


©K.Herman Photograph

とんでもないサプライズがあったのは式の当日。花婿のローガン・マーティンさんは屋外のロマンチックな式場で花嫁のメーガンさんを待っていた。

振り返ればウェディングドレス姿のメーガンさんが僕を待っているはず。だが式場には誰も居ない。親族も会社の人間も友人も。だが後ろから何やらガチムチの女装した男がローガンさんに近寄ってきた。


©K.Herman Photograph

ゲイの男が式をぶち壊しにきたのか、そんなことはない。

『何か予感はしたんだよ。こりゃぁ僕を知ってる誰かが計画を立てて式で何か仕掛けるだろうなって。式場入ったらこの通り、誰も居ないだろ。メーガンも親戚のものも、後で行くからねって、なんだそりゃって。』ローガンさんはサプライズを仕掛けられた時の第一印象をFOXニュースに語った。

で、気になるガチムチウェディングドレス男は誰なのか。

ガチムチ男は花婿の親友


©K.Herman Photograph
『こいつかよって、バカ笑いするしかないじゃん。お前がウェディングドレス着てバージンロード歩いて来たのかよって。』

ローガンさんの後ろからウェディングドレスを着て近寄ってきたガチムチ男は、親友のライアン・ソウダーさんだった。親友の体を張ったサプライズ演出にローガンさんは、この通り笑いが止まらない。

『オレのマブタチがここまでやると思わなかったよ。ショックだ、信じられない。』実はこのサプライズ、メーガンさんが、ライアンさんに頼んで実現したものだという。


©K.Herman Photograph

『メーガンに、式の当日ウェディングドレスを着てサプライズ仕掛けてくれないって頼まれた時は、ウエッてなって一度は断ったよ。僕がやったらブキミだし、第一僕の体に入るサイズなんてあるのって思った。やってみたら、ローガンがバカうけして、大成功さ。』ライアンさんはメーガンさんの頼みで断り切れなかったという。

恥ずかしかったが、2人の幸せを誰よりも祈る親友の体を張ったサプライズのおかげで式は、和んだ空気の中で行われた。

実はポピュラー?ガチムチ親友『BEST MEN WEDDING』のサプライズ


©Belinda Marie Photograpy/today.com

ストレートの男性にとってビックリかもしれないが、実はこのサプライズ、ポピュラーで、花嫁が花婿の親友に内緒で頼んで実現している。

’18年8月4日、インディアナ州に住むアンドリュー・ライトさん(24)と、ニコール・スミスさん(24)の結婚式が行われたのだが、サプライズの『BEST MEN』としてウェディングドレスを着たのが、親友のカイル・スタショスキー(Kye Stachowski)さん(24)だった。

『ニコールは僕より足のサイズ一つ分背が低いハズなんだ。それが振り返ったら、げげってもんだ。頭がこんがらがったよ。誰だこいつって。カイルだって判るまでしばらく時間がかかった。』

親友のカイルだと判った途端、ローガンさんの時の様にバカ笑いするのは、男同士だからかもしれない。この通り『なんだ、お前かよ。』と顔を突き合わせてのバカ笑い。


©Belinda Marie Photograpy/today.com

勿論のことだが、カイルさんはドレスを着るのは初めて。『一度こういうのをやって驚かせてみたかったんだけど、いい機会だったよね。』3人は高校の頃からの同級生で、アンドリューとニコールは、その時からの付き合い。


©Belinda Marie Photograpy/today.com

高校卒業後、アンドリューは医者になるために医大に行き、遠距離恋愛の日が続いたが、ようやくゴールインできることに。誰よりも2人の幸せを祈っているのは、女装しBEST MENを演じたカイルかもしれない。

プロのフォトグラファーも絶賛


©Anna Morison/SWINS.com

このサプライズ、一触即発ものだが、成功すれば価値あるものになる。
新郎の親友でBEST MEN役としてウェディングドレスを来たティミー・ホートンさんは、最初どうしようか戸惑ったという。

『新婦のブリアンナはまだ小さい男の子を連れたバツイチ子持ちの女性だったんだ。オレみたいないかつい大工で、モジャのゴリマッチョが、ウェディングドレスを着て、BEST MENをやったらどうなるかと思ってナーバスになったよ。』


©Anna Morison/SWINS.com

米ワシントン州スホノミッシュ州に住む電気技術士デヴィット・ホフマンさん(32)は、バツイチ子持ちのハウスキーパーのブリアンナ・デニスさん(29)と’18年11月に結婚した。

ブリアンナさんも『息子のワイアットの事もあるから、最初は慎ましい結婚式にした方がいいのかなって思ってたの。でもティミーが、これからデヴィットと人生を楽しく生きるんだから、ってアドバイスしてくれたのよ。』と言い、サプライズを受け入れることにした。


©Anna Morison/SWINS.com

3人の意見が一致しサプライズは成功。無事に結婚式が行われた。『ブリアンナは、美しかったし、こんなに面白い結婚式はなかっよ。』

©Anna Morison/SWINS.com
一連の写真を撮ったのは、ブリアンナの友人で写真家のアンナだ。アンナは『結婚式の最中は、あまりに面白くておかしくて、それでいて幸せで皆が泣き笑いしてたわ。こういう結婚式が一番いいと思うのよ』とコメントしている。

Hilarious moment bride-to-be pulls ‘first look’ prank on groom by dressing up the best man in a white dress and sending him down the aisle instead

You may kiss the bride! Groom bursts into laughter when he turns around to see his wife-to-be – but is confronted by his bearded friend

Bride pulls perfect prank on groom during ‘first look’ photos at their wedding

こんな記事も読まれています


Tree of bean