【AirBnB】ナニコレ最悪、海外に住む私たちがAirBnBをキョヒる理由


日本でもじわじわ浸透しつつある民泊システム・AirBnB。

ホテルや旅館の営業の妨げにならないよう
行政も規制に動いているようですが、
民泊は『規制』がないからこそ、泊める側が
とんでもない被害に遭うリスクもあるのです。

ここでは既に諸外国がとんでもない被害にあった
例を紹介します。

1:利用者が麻薬常習犯
drug
カナダのカルガリーで行われた結婚披露宴で
親族、友人などゲスト総勢100人あまりを泊めるのに
AirBnBを利用した例です。

が、100人もゲストがいればクセモノが一人ぐらいは
いるのは当たり前。

麻薬常習犯のゲストが居て、借りた家をメチャクチャにして
帰っていくハメに。

新郎新婦が、AirBnBに宿を提供した家に弁償した金額は80万円を超えたそうです。

2:オーナーからセクハラに遭う
sexhara
ロードアイランド出身のジェイコブ・ロペスは、AirBnBを利用し
マドリッドに部屋を借りた。

しかしそこのオーナーは、戸籍上は男でも中身は女性という
所謂トランスジェンダー。

ジェイコブは見た目の美しさからか、主に勘違いされ気に入られ、
キスを迫られるわ服は剥がれるわのセクハラを受け
母親に電話して逃げ出した。

AirBnB本部に、この旨を通達したものの、個人間の問題だ
という事で、何の責任も取ってもらえないらしい。

という事は、主もしくは借主から最悪の場合レイプされても
AirBnB本部は、個人の問題という事になる。

ラブホなら諦めのつく問題でもAirBnBなら諦めがつかない例だろう。

3:オーナーが飼ってるペットに襲われる
silverman
マイク・シルバーマンさんは、アルゼンチンに夫婦で
滞在する際にAirBnBを利用。

しかし門前で、主が抱えてていた犬に腕を引っ掛かれ重症を負う。
AirBnBには、主が抱えていた犬は中型犬で、
登録内容を見ると、犬どころかペットの有無も書いていなかった。

もしペットアレルギーの人がいたらどうなるんだろう?
AirBnBは無回答。主は、そういう事はAirBnBがやってくれると
思っていたと丸投げ状態。

4:合法滞在、いつの間にか違法?
oidashi
AirBnBの盲点といえば、合法滞在が出来る点である。
誰かの家にショートステイというのではなく、
他人様の家に金を払い合法的にとまるので、

当然の事ながら、民泊が進んでいる米国でも規制が進んでいる。

カリフォルニア州では1ヶ月上滞在すると
借主はテナントとみなされる。

そうなった場合主は、強制退去の為に
訴訟しなければいけないので、
訴訟となると最悪1年近くかかってしまう。

まずは電気ガス水道などライフラインを止めて、
主は追い出し体制をとる。

その時点で借主は気づかないとダメだ。
AirBnBの借主、主どちらも
『二度と借りるか』、『貸すもんか』に
ならないために気をつけないポイントである。

4:その安さご用心
bedroom
『NY好立地AirBnB、一晩35ドル(4000円)で貸し出します』という
カプセルホテルも青くなる安さにひかれてレンタルした人々が

怒髪長を抜く勢いで怒っているのが、このAirBnB、まるで豚小屋。

1つの部屋にぎっしりと24台のベッドが置いてあり、
滞在期間は1ヶ月の限定。

こんなのでも借りる人はいるんだそうですが、既に裁判沙汰になってます。

5:滞在中にオーナー死亡
died
AirBnBに登録されているブルックリンのジョーダン氏のアパートに
夏の間滞在しようと思ったコナー氏。

スカイプで一度やりとりし、そのまま滞在していたものの、
その後、登録されていた主が亡くなっていた事が判明。

AirBnB本部にその旨を知らせても寝耳に水状態。
こんな縁起の悪い話があるものかという事。

たしかに休眠中の不動産を活用するという意味で
これからAirBnBシステムを取り入れようとする
高齢者はいると思いますが。

レンタル中もしくは、滞在中死亡、は、多いにありえますね。

泊める側、かりる側のモラルが求められるAirBnB。
この点を把握しておく事が課題となります。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean