財布落とした→銀行に1ポンドずつSMS付きで謎の振り込み→振込主の行動がイイ奴杉


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

当サイトでは
『ATM強盗が見せた意外な行動』や、
『お金を貰った後のホームレスの男性』など、『お金にまつわる、深イイ話』を紹介してきました。

年末の、せちがない世の中だからこそ、お金に対する概念が見え隠れするのではないでしょうか。

今回紹介するのは、お財布を拾った男の人が、ある微笑ましい方法で、落とし主を見つけるというものです。

財布を拾った男性から謎の振り込み


©Kennedy News and Media

’19年10月半ば、ロンドン・ハイベリーに住むプロダクト・マネジャーの、ティム・キャメロンさん(30)が職場からロードバイクで帰る途中財布を落としたことに気付いたのは、家に帰った後。ズボンのポケットに入れていたお財布が滑り落ちたことに気付き、帰り道4マイルを目を皿にして探したものの、財布は見当たりませんでした。

途方に暮れて家に帰り、スマホでツイッターをチェックすると、自分の銀行口座に1ポンドずつ一言メッセージ付きで、お金が振り込まれている知らせがありました。


©dailymail.co.uk

これがそのメッセージですが、1ポンドフリコム度に、ハサミで切られたような、小刻みなメッセージが投稿されていたのです。これを繋げるとこんな文面になりました。

『ハイ、僕は君のサイフを拾ったんだけど、電話番号をここに書いておくから』

『サイフの中には、クレカだけじゃなくてIDカードも全部入ってる。真っ青になったよ。人生終わりだと思った。そこに、このメッセージだ。』キャメロンさんの財布を拾ったのは誰だったのでしょうか。

サイフを拾ってくれるなんて、イイヤツだと思った


©Kennedy News and Media

キャメロンさんのサイフを拾ったのは、彼の家から2ブロック離れたところに住んでいる、ソフトウェア販売のサイモン・バイフォードさん。

『僕が声をかけようとした時、彼は遠くかなたまで走り去っていた。財布が道路の真ん中に落ちていたから、これは持ち主に何等かの方法で届けないとと思って、思い付いたのが、この方法だったんだ。』

サイモンさんは1ポンドずつ振り込みをしたのですが、『文面が長すぎたのかな、文面がちぎれてしまって、何度も振り込みをするはめになったよ』と言います。

キャメロンさんは、サイモンさんとツイッターのダイレクトチャットで、待ち合わせをし、無事に財布を取り戻す事が出来ました。

『サイモンはホントにいい奴だ。今の世の中、個人情報の全てが詰まった財布を悪用しようと思えば、いくらでもできる。見ず知らずの人が自分の財布やスマホを拾い、届けますから、ツイッターのダイレクトチャットで待ち合わせしましょう、というのも怖い話だよ。そんな中、さりげない方法で、なんとしてでも、届けようとしてくれた、サイモンは、善きサマリア人だよ。』

キャメロンさんは、お財布を受け取る為にサイモンさんの家にいくときに、ボトルワインを持って行ったという。

『人生どんな時に何が起こるか判らないからね。財布を落とした時は、人生最大の不幸が襲ってきたと思ったけど、最高の出逢いも運んでもらえたと思ったよ。』キャメロンさんは、今回の出来事についてこう語った。

お金だけでなく、目の前に困った人が居た時に、どういう行動をとるかで、その人の人間性が問われることもあるのではないでしょうか。

英の大手スーパー・アズダ(Asda)では配達中に従業員が近辺で目撃した火事現場から生後7週間の赤ちゃんを救い出し、本社から表彰されました。

配達業務の最中に命を救った青年


©BPM Media

表彰されたのは、 BulwellのAsda Home Shopping Centreに勤める、ハビール・カーン(Habeel Khan)さん(26)。彼は配達先のノッティンガムシャーのステップフォールドで、火災を目撃したと言います。『その日僕は仕事で、火災現場の近くまで配達があった。煙の臭いがすると思って振り返った僕の目に映ったのは、煙が充満していた家だった。』

彼の配達エリアはステップフォールドだが、品物の配達が終わった後、近所を見渡し、煙の臭いが充満していた事と、近所の人々が騒いでいるのに気付いたそうです。

『配達先の斜め向かいの家から煙が出ていて、近所の人はパニック状態に陥っていた。僕はその中の1人に聞いたんだ、誰か中にいますかと、そうしたら、まだ2人の子供が中に居るのって、お母さんだけがかろうじて家から出てきたんだよ。』

カーンさんは、子供の母親と共に煙がこもる家の中に入り、キッチンの脇にうずくまる2人の赤ちゃんを抱きかかえ、脱出。間一髪で母親と2人の子供、カーンさんは火災に巻き込まれずに住んだ。2人が子供を抱えて脱出した後、消防隊と救急車が到着、炎に包まれた家の鎮火がはじまりました。

カーンさんは、消防隊と救急車が到着するまで、母親と2人の赤ちゃんをなだめつづけ、一連の功績がたたえられ、アズダ本社から表彰されたそうです。

ヒーローになりたい、目立ちたいと思ったことは一度もない


©BPM Media

『僕はただ何も考えず、助けなきゃという本能で動いたまでのことです。』アズダ本社で開かれた表彰式でカーンさんは、こう語りました。

彼の仕事ぶりや誠実さは、職場でも既に評価されており、今回の行動がきっかけとなり表彰されたのではという話もあります。
同僚のクレア・ワイクスさんは『ハビールは、ヒーローになりたくて子供を助けたんじゃないと思う。元々そういうやましい考えが働かない人だもの。今回の事は素晴らしいと思うわ。』と手放しで褒めています。

職場のマネージャーのピーター・スミスは『彼は人間性が豊かで我が社の信用度を上げてくれる貴重な人材だ』と手放しで褒めています。『彼はどんな困難に直面しても、常にハッピーで誠実であろうとするんだ。それがお客様の為だと心がけている。お客様第一主義なんだよ。』

アズダの副社長のアンソニー・ハマダイナーは、ハビールの功績について『全社員が見習うべきだ』と感心しています。『配達業務を淡々とこなすことなら、どの社員にも出来るだろう。だが彼は業務もこなし、なおかつ人命救助もし、救った顧客の精神状態が安定するまで寄り添った。これはサービス業に属する人間誰もが本能で出来る事ではない。私も見習うべき所は大いにある。』

Hero Asda delivery driver, 26, rescues seven-week-old baby from house fire while on his rounds

Good Samaritan who found lost wallet alerted its owner by paying 1p into his bank account multiple times – each with a snippet of a message saying ‘I found your wallet in the road’ and a phone number to ring

こんな記事も読まれています


Tree of bean