75年ぶり奇跡の再会!ノルマンディー上陸作戦で恋に落ちた男女、齢90を超えて紡いだ運命の出逢い


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

戦場で出逢った若者と恋に落ちた女性が離れ離れになり、その後再会するという映画の様な本当の話がある。


©Frace2

’19年6月6日は、ノルマンディー上陸作戦75周年記念式典が英国で行われた。そこで再会したのは、75年前に運命の出逢いを果たした男女だった。お互いの伴侶を亡くした後に再開した2人を再び結び付けたのは何だったのか。

ノルマンディー上陸作戦が引き合わせた男女


©BBC

運命の再会を果たしたのは、米国に住む退役軍人で、工務店を営んでいた、KT・ロビンスさん(97)とフランス在住の主婦のジャニーン・ピアーソンさん(92)だ。

2人はフランス人ジャーナリストと、米国退役軍人のつてを辿り、ノルマンディー上陸作戦の記念式典で再会する事が出来た。

『もう逢えないと思っていた。彼女は戦争で死んでしまったかもしれないし、仮に生きていたとしても、僕と同じ様に長生きしているはずがないと何度も思ったよ。』ロビンスさんはFrance2の取材に対し、こう語った。


©France2

ジャニーンさんも『あの頃から、ずっと諦めないで英語を勉強しつづけていたのは、彼に逢うためだったと確信したわ。』と喜び一杯の表情でインタビューに答えていた。

2人が出逢ったのは、1944年、ノルマンディー上陸作戦決行の年。ロビンスさんは1940年に歩兵部隊に志願、ノルマンディーに派遣された1人だった。

ノルマンディー上陸作戦の歩兵部隊は、米英加合わせて5つ。ロビンスさんが所属していたのは一番西から上陸した『ユタ(米軍第4歩兵師団コリンズ将軍指揮)』だった。


©France2

同じ米軍の第一歩兵部隊(オハマ)が大量の犠牲者を出したのに対し、ロビンスさんが所属した第四歩兵部隊(ユタ)は幸いにも、死傷者数は197名と最小限の犠牲で済み、そのまま進撃を続け、空挺部隊と合流することになった。

ロビンスさんと、ジャニーンさんが出逢ったのは、ロビンスさんがノルマンディー上陸作戦終了後。空挺部隊と合流する前のひと時だった。

戦場が終わっても米国に戻らないでと思っていた


©BBC
ロビンスさんとジャニーンさんが出逢ったのは、フランス北東部の鉄鋼で栄えた田舎町・ブリエ(現在・ヴァル・ド・ブリエ(Val de Briey)だった。

ブリエはルクセンブルグやベルギーと国境を接しており、ここを超えれば空挺部隊と合流する事が出来た。ロビンスさんが所属する歩兵部隊はこの田舎町で、一休みし、空挺部隊と合流する手はずを整えていた。

ロビンスさんは、洗濯を頼もうと地域に住む人を探していた所、引き受けてくれたのがジャニーンさんとジャニーンさんの母親だった。故郷を離れ4年。ロビンスさん24歳、ジャニーンさん18歳。恋が芽生えるのも不思議ではなかった。

あっという間に2人は心を通わせ、写真を交換し、共に語り合った。だが運命というものは皮肉なもの。2カ月後に、ロビンスさんは空挺部隊と合流するためにブリエを後にする。


©Frace2

『僕は、あの時、きっと戻ってくる。でも(大きな戦争だから)僕の身になにが起きるか判らないよ、と言ったのは覚えているんだ。』とロビンスさんは語った。命は無事でも片足が吹っ飛んでいるかもしれない。そんな姿で彼女の前に現れたら哀しませる事になるだろう、そう考えていたという。

一方ジャニーンさんはこう思っていた『彼をのせた戦車が去っていくのを泣きながらずっと見ていたわ、この戦争が終わっても米国に戻らないでって。』ジャニーンさんの思いの方が強かったのだろうか。彼女は終戦前の1945年から、英語を習い始め、いつかロビンスさんに逢えることを楽しみにしていた。

結婚した後も、ノルマンディーの事は忘れなかった


©France 2

ロビンスさんは、ノルマンディー上陸作戦後生き残り、1945年の終戦後帰国。リリアンさんと結婚し軍を退役した後、工務店を営み、’15年にリリアンさんは92歳でなくなった。リリアンさんはジャニーンさんと同い年。心のどこかでジャニーンさんを忘れていなかったのだろう。

ジャニーンさんもまた、ロビンスさんを忘れられなかったが、1949年に結婚。5児の母となったが、夫を老衰で亡くした。

ロビンスさんは、妻亡きあと、部屋の整理をしていた所ジャニーンさんの写真を見つけ、フランス人ジャーナリストや退役軍人のつてを辿り、彼女がまだ生きているかどうか調べて貰ったという。

ジャニーンさんに子供が5人いたことが幸いし、彼女の家族に連絡が取れた事から、ジャニーンさんがまだ生きている事が確認できたのは、’19年の春、そして2人は運命の再会を果たした。


©France2

『貴方を忘れた事はひとときもなかったわ』運命の再会を果たしたジャニーンさんは、ロビンスさんの手を握りしめこう語った。
『もちろんさ、今でも君を愛しているよ。』

‘You never got out of my heart’: American veteran, 97, and French woman, 92, who fell in love when he was stationed there during World War II meet again 75 years later in emotional reunion

DOCUMENT FRANCE 2. “Tu n’as jamais quitté mon cœur” : 75 ans après, les retrouvailles d’un soldat américain et de la Française qu’il a aimée pendant la guerre

こんな記事も読まれています


Tree of bean