女優セルマ・ブレア、多発性硬化症の放射能治療でスキンヘッドに!


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!


©selmablair/Instagram

映画『クルーエル・インテンションズ』、『キューティー・ブロンド』で知られる個性派女優セルマ・ブレが、多発性硬化症をカミングアウトしたのは、’18年8月。

あれから一年あまり経つ’19年7月25日、セルマは放射線治療を受けて髪が抜け落ちた頭をスキンヘッドにした姿を自身のインスタグラムに公開した。

セルマが息子のアーサー君に、ハサミを入れてもらうこの画像がシェアされた日は折しも、アーサー君の誕生日。セルマは大きくなった息子に髪を切ってもらう自分の姿と共に息子が産まれてきた時の事をインスタにシェアした。

©selmablair/Instagram

『アーサーが産まれてくるまで37時間もかかったの。予定日は信じられない程痛くて前の日は2時間しか眠れなかったわ。陣痛誘発剤を打って貰ってもまだ出てこない。頭が割れそうなぐらい痛かったし、何より母親になる事が恐ろしかった。アーサーが産まれてきた時に、ジェイソンが、へその緒を切ってくれて、君に似てるよと言ったのが昨日の事の様ね。』

そしてセルマは、こうインスタに呟いた『そして今日息子が、私の髪にハサミを入れているって冗談みたいだけど。ジェイソンと私は人として合わなかったから籍も居れず別れちゃった。でもアーサーがジェイソンと海に行ったり遊びに行くのは、とがめないわ。幸せならね。アーサー、お誕生日おめでとう、いつまでも愛しているわ。ママより。』

この投稿をInstagramで見る

Thursday tableau. #lifeoftheparty. #puzzling

Selma Blairさん(@selmablair)がシェアした投稿 –

セルマは今、杖がなければ立って歩く事も出来ない上、服も自力で着ることができない。息子のアーサー君は、時々身動きが出来なくなる母親のセルマを見る度に不安になるという。セルマが難病になったのは、いつからだったのだろうか。

15年も前からこの病だった


©Getty Images for Race to Erase M
セルマが、多発性硬化症と診断されたのは、つい最近の話だが、本人によると『思い当たる症状は15年以上も前からあった』というのだ。

本人自身、よく転ぶようになった、ものを落とすようなった、という自覚症状から始まった多発性硬化症。人によって症状の出方が変わるため、原因を特定する事も出来ない。

セルマが専門医を受診するきっかけになったのは、女優エリザベス・バークレーの兄で医師の前で、こけてしまった事だった。どの医者に行っても、仕事のしすぎ、ストレスのためすぎと相手にして貰えない、症状を訴えると、専門医を受診する事を強く勧められ、診断の結果病名が判ったというのだ。

多発性硬化症は、女性に発生する確率が高く、20~30代、人種で言うと欧米人で、喫煙者の発症が確立として多い。治療のゴールデンタイムは初期~再発期までとされているが、病名の確定まで3年かかると言われており、初期~再発期を逃す事も多々ある。
病気発生のメカニズムは判明していて、中枢神経の神経線維を保護すると言われている髄鞘を体が異物と判断し、攻撃するので運動期間、脳、視神経に影響が出る病だ。

一つだけ幸いなのは、この難病、遺伝的要素は皆無な事である。セルマは病が治ると信じて、健康な人でもやらない様な激しいリハビリを続けている。彼女は病を診断された後、何とか自分の人生に希望を持たせるために、LAから北東に32マイル離れたベル・キャニオンの牧場で白馬を飼いニブルと名付け『病気が治ったら乗るからね』と約束しているという。そのためにはつらいリハビリにも耐えるのだ。

『私の体は、壊れたGPSから指令を受けているようなものなの。そこらじゅうにものを落とすし、全部自分で拾っていたら一年中かかるわ。記憶はあやふやで一人で生きていけない。医者が9割治りますと言ってくれたから、頑張ってリハビリしているの。病の影響でろれつが回らない状態になっても、足の感覚が殆どなくなっても、こんなに話せる人はいないって医者から言われたわ。だって私はカメラを愛しているんですもの。』

クリスチャン・シリアーノとコラボも!

セルマは診断を受けた後も、銀幕復帰の夢を諦めていなかった。ネトフリのドラマ『アナザーライフ』に出演。体が思う様に動かない彼女のために、番組の衣装デザイナーが彼女の着替えを手伝ったりもした。

’19年のアカデミー賞のアフターパーティーで、ケープの付いたカラフルなラルフ&ルッソのドレスに身を包み、杖をついて会場に現れた。セルマはクリスチャン・シリアーノの様なデザイナーと組んで、障害があり普通にオシャレな服を着ることが難しい人にも、オシャレが出来るようにしたいと公表した。

クリスチャン・シリアーノというのは、『プロジェクト・ランウェイ』でもおなじみのデザイナー。セルマとのコラボ第一弾が実り、セルマはタキシードを作ってもらった。オシャレで着心地がよく、なおかつエレガントな服を作りたいというのがセルマが現在目指しているのだそうだ。

『病は旅だと思っている。アーサーや、病気が治ったら一緒にニブルに乗ろうって決めている友達、私がショービズの世界に完全復帰できるよう支えてくれる人たち全てのために頑張りたいの。』セルマの旅はまだまだ続く。

Selma Blair reveals bald head as she undergoes radical treatment for MS that will leave her immune system compromised for three months

こんな記事も読まれています


Tree of bean