【親バカ】X’mas出勤の娘の為に全フライトブッキングしたパパ・CA娘が超美人


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

デルタ航空でCAとして働くピアースさんは、毎年夏休みやクリスマス、感謝祭の時は出勤だ。CAととして空の上を飛び回る様になってから、家族と過ごす時間は、普通の日でも貴重な日となってしまった。

そんな彼女は、この通りの美貌。家族にとっても自慢の娘で、家族同士の中もいい。シマシマのお揃いのパジャマで写ってるのは、チョっと恥ずかしいのだが。この家族にとって家族の絆は『お揃いパジャマ』以上のものだという事が昨年の冬判った。


©facebook.com/pierce.vaughan/boredpanda.com

クリスマスに休みが取れないピアースさんの為、パパのハル・ボーデンさんは、娘がクリスマス・イブからクリスマスにかけて搭乗するデルタ航空の便、全6便をブッキングしたのだ。あっぱれオヤジ、イブからクリスマスまで愛する娘と一緒にいる為ならお金も時間も惜しくない。

どこの国にも親バカはいる、娘が花形職業で美人であれば尚更の事。余計な虫がつかないか、パパは心配でならない。特にクリスマスシーズンなんて、パパはとても心配だ。どこの危ない男に娘が声をかけられてないだろうかと、よからぬ心配をしてしまう。


©facebook.com/pierce.vaughan/boredpanda.com

ハルさんは、クリスマスイブに米フロリダ州フォートマイヤーズから、ぐるぐる回って、6便乗り継ぎ2日の旅を終え、デトロイトに到着した。この騒動どうして表ざたになったかというと、ハルさんは家族以外に知らせていなかったのだが、ハルさんの隣に座っていたマイク・レヴィさんという人がSNSで一部始終を写真付きで公開したからである。

マイクさんは『イブとクリスマスをCAの娘さんと過ごすために、デルタ6便をブッキングしたオヤジが、オレの隣に座ってるんだぜ。こんなハートウォーミングな話は滅多にないよ。これこそ神様の贈り物じゃないか。』マイクさんの投稿は瞬く間にシェアされていった。

©facebook.com/mlevy1987/boredpanda.com

実は、ハルさんがここまで必死にブッキングしたのは理由がある。

彼は、’18年はじめ首を強打して一時期、四肢麻痺になってしまった。懸命にリハビリして克服し、歩ける様になったのだが、いつ何時、体に支障が出るか判らない。その為、リハビリは続けているという。

今回、旅を決意したのは、主治医から長距離旅行の許可が下りたことと、リハビリのモチベーションになるだろうという事だった。

『これぐらい思い切った事をやらないと、僕自身、いつ何時、四肢麻痺になってしまうかもしれない。可愛い娘や愛する妻に迷惑をかけるわけにはいかないよ。』なんとも微笑ましい話で、乗客たちにも支持された話だ。

一方、家族を愛していても、一部クレーマーな乗客の為に、せっかくの休暇を台無しにしてしまった家族もいる。

’19年1月下旬、デトロイト在住のユダヤ人・ヨシ・アドラーさんは、妻のジェニーさんと、生後19カ月の愛らしい娘さんと共にフロリダに旅行に出かけていた。


©WPLG/Local10.com

23日の水曜の晩、フロリダ国際空港からアメリカン・エアラインに乗ってデトロイトに帰るはずだったが、乗車拒否されてしまったのだ。その理由が『一部の乗客から体臭が匂うと苦情があったから』という何とも理不尽な理由。

その時何が起こったのか、地元のメディアLocal10にアドラーさんは、一部始終を語っている。『何もかもが突然だった。荷物を持って、さあ帰るぞと搭乗ゲートに向かった僕らの前で、ゲートがピシャッと閉じられ、係の男性が、かしこまって出てきた。そして、こう言ったんだ。申し訳ありません、一部のお客様から苦情が出ておりまして、お乗り頂く事が出来ませんって。理由は何かと尋ねると、これだよ、あきれるよ。』


©WPLG/Local10.com

アドラーさんは、誰にでも体臭はある、僕たちは前の日の晩に臭うものを食べているのでもないし、むしろ他の米国人の人に比べて、娘を連れて旅をしているのだから衛星概念には気を使っていると主張した。

一方、奥さんのジェーンは、自分たちにクレームをつけてきた客に思い当たる事があったという。若いカップルが、同じ便に乗るであろう人に『臭うもの入ってないですよね?』という感じで聞いて回っていたのだ。聞かれた人の特徴は、あからさまに臭うものを食べていそうな太っている人、
お酒を飲んで暴れそうな人、子連れで機内で泣きわめきそうな人だったという。

『彼、彼女たちからしてみれば、機内で快適に過ごす為の防御策かもしれないわ。同じ旅客運賃を払うのだから、隣に座った人に、いきなり暴れられたり、ゲロはかれたり、眠りたいのに、ハンバーガーを食べられたら困るものね。』彼女の言い分はもっともだ。

そして若いカップルは、アドラーさんの所にも聞いてきたという。子連れだったので、泣きわめかれると困るという意味だったのだろう。そこでジェーンさんが言い返したのがまずかったと振り返る。

『私たちが臭うっていうの!って結構キツく言い返したのよ。それがカンに障ったんだろうと思う。私たちも自分に自信があれば、娘もダンナも大丈夫ですよ~と言えたのに、子供を持つ母親として大人気なかったし、これがこんな結果を招いたとしたら、恥ずかしいわよね。』


©REUTER

ジェーンさんが、起こった事を分析し反省したのに対し、アドラーさんはどうも納得いかないようだった。『どっちにしても体臭にかこつけて僕たちを追い出したかったんだろう。いちゃもんさ。』これに対しアメリカン・エアラインは、特定の人間がいちゃもんをつけたのではなく『複数の人々からの意見』としている。


©WPLG/Local10.com

アドラーさんは、その日はフロリダに滞在、アメリカン・エアラインが用意した翌日の便で、デトロイトに帰ったという。

空の旅にしても新幹線など陸路の旅にしても長距離の移動でこそ品格が問われる。新幹線の車内でも、匂うものを平気で食べたり、リクライニングシートを倒しまくる人がいるが、あれも今回と同じで、お金を払っているんだから何をやってもいいと負っている何様なのだろう。

Father Books 6 Flights To Stay With His Flight Attendant Daughter On Christmas

Causing a stink! Parents and their 19-month-old daughter are kicked off an American Airlines flight after passengers complained about their BODY ODOR

こんな記事も読まれています


Tree of bean