今日なら結末が変わってる映画及び名作


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

むか~し、昔だからこそ『なりたった』映画とか『名曲』って
ありますよね。

そんな映画を挙げてみたいと思います。

1:ロミオとジュリエット

『ロミオとジュリエットの時代にLINEがあったら、
あんな悲劇にはならなかった』
Tristan_and_Isolde_29
といいますが、実は『ロミオ~』は、
『トリスタンとイゾルテ』という悲劇がベースです。

『トリスタン~』では、2人が悲劇を乗り越え
結ばれますが、実はトリスタンが
『子供はまだか~世継ぎはまだか~』とイゾルテに迫り
やはり『悲劇』となる結末が描かれています。

2:チェンジリング

2013071814395715036
アンジェリーナ・ジョリー主演、
クリント・イーストウッド監督で作られた
’30年の米国が舞台となった映画。

アンジーが演じるクリスティンは、9歳の息子ウォルターを
育てるシングルマザー。

しかし息子は謎の失踪。
5ヵ月後に見付かった息子と名乗る男の子は良く似た別人。
警察や周囲の人間は誰もクリスティンの言う事を信じず、
彼女を精神病院に入院させる・・・。

現在ならばDNA鑑定で区別もつく、とはいいますが、
そうともいいきれない現状もあるのも事実。

3:80日間世界一周
23-5-610x360
もっと短期間で済みますね?

4:タイタニック

titanic
救命ボートの数が少な杉以上に不運だったのは、
ソナー(音波によって物体を探知するシステム)が、
この頃なかった事。

5:フォーンブース

phone
・・・もう固定電話が遺産になってる以上、
映画そのものが作れない。

6:ジングル・オール・ザ・ウェイ

jingle
最近のパパは、11月にオンラインで子供から指定をうけた
クリスマスプレゼントを予約注文し
イブイブかイブに家にプレゼントが届く様にしている。

映画みたいに忘れようものなら死ぬより怖い目に遭うし
最近の子供がゲームヒーローを期待してるとは限らない。

ちなみに

槙原則之の『雷が鳴る前に』は、
携帯電話が普及する前だからこそ流行った歌なのかもしれません。

その時代だからこそ、取り入れられたネタというのが
映画や音楽にあるのだと思います。

こんな記事も読まれています


Tree of bean