重度の障害から立ち上がった仔猫


テキサス州で生まれた黒白のタキシードキャット・ジークは、
14週目の未熟児で生まれた為、水頭症という重度の障害を
負ってしまい足が曲がる後遺症を負ってしまいました。

水頭症は、頭蓋内に脳脊髄液が過量に 溜まる事で、
脳そのものが圧迫を受ける病です。

これにより身体の様々な箇所に障害が出てきます。

このままでは死んでしまうと、シェルターの皆が顔を覆う中
手を差し伸べたのは、
犬猫専門の水頭症団体に所属するリサ・ジョーンズ。
lisazeke
ジークは、重い障害を持ちながらも、自分の病気と闘う為、
リサと共に、テキサスからニューヨークに飛び治療に
専念する事となりました。

この時のジークの体重はわずか400グラム。
zeke2
ジークはリハビリをしてから、
歩ける様になり、感情表現も豊かになりました。

リサさんが言うには、名前を呼べば飛んでくる程。
zeke1
ジークには、腹違いの弟がいますが、弟もまた
水頭症なのだそうです。
ジークがここまで、頑張れたのは、弟の存在も
あったからではないでしょうか。
zeke3
ジークの笑顔がいつまでも続くといいですね。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean