米競泳メダリスト・ロクテ、強盗に遭ったのはウソ?


’16年のリオ五輪競泳、4×200mで金メダルに輝いた
米国競泳背泳ぎのライアン・ロクテが現地で強盗に遭ったと
ウソをついていた事が判明した。
Around the Games - Olympics: Day 7
(C)extratv.com

彼が選手仲間を引き連れ外に出た途端、警官に化けた強盗に
銃を突きつけられサイフをとられたといっていたが、
実際はガソリンスタンドの店員と揉め、お手洗いの扉を破壊。

挙句の果てには壁に放尿という乱痴気騒ぎをした様子が、
ガソリンスタンドの防犯カメラに映ってしまっていた。
lochefootage4
(C)DailyMail.com

現地で開かれるはずだった壮行会を切上げ、本国に戻ったロクテ。
が、現地の記者会見、メディア宛のインタビュー、今回の謝罪と、
コロコロ意見を変え、信憑性が無かったという。

事の発端は、ロクテがフランス選手団のパーティに出席する為、
チームメイトの、グンナー・ベンツ(20)、ジャック・コーガン(21)、ジミー・フェガン(26)と共に『クラブフランス』に向かい、日曜の明け方、タクシーで帰ろうとした時の事だった。
clunfrance18
(C)Chirs Bottt/DailyMail.com

会場はお祭り騒ぎで、明け方退場する前にロクテは
スナップチャットで、友人宛に写真を送っている。
Lochte_shared_a_video_on_Snapchat_1
(C)Ryan Rochte/Snapchat

この後4人は、最初の証言では、
近くのGSでポップコーンを買いタクシーに乗り
帰ろうとしたが、途中偽物の警官に呼び止められ、
タクシーから引き摺り下ろされたとい財布を盗まれたと言っていた。
clubfcance28
(C)Chirs Bottt/DailyMail.comgunnerbenz
©AP
が、それは間違いで、GSに立ち寄ったのは、お手洗いを借りる為。
現地警察に任意同行したグンナー・ベンツが本当の事を語った。

五輪開催の目的は、その国の良さをスポーツを開催する事で
世界各国に知って貰う事にある。
だが、今回リオ五輪広報担当のマリオ・アンドラダが

『彼らも間違いを犯すだろう、彼らを赦してあげるべきだ』と
語っている事について、どう思うだろうか。
それは許されるべきではないだろう。

‘I’m unsure why… but Ryan ripped down a sign’: Shamed US swimmer Bentz turns on Lochte and blames the star for ‘heated’ gas station fracas as he goes public with his side of the story

こんな記事も読まれています


Tree of bean