盲目のジャック・ラッセルのガイド犬は親友のブルテリア


ジャックラッセルのグレンとブルテリアのバズは一緒に捨てられている所をイギリスのハートプルで保護されました。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

グレンは全く目が見えず、この先も回復する事はないのですが、親友のバズがグレンのガイド犬をしているんです。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

今はストレイ・エイド・センター(Stray Aid centre)という保護センターにいて、飼い主さんを探しています。飼い主さんの条件は2匹を一緒に引き取る事です。
2匹は数分でも別々にするとお互いを探して吠えるそうです。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

2匹はいつでも一緒で、お互いをの後をついて歩いているそうです。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

グレンとバズは9歳~10歳と思われ、おそらく歳をとったが為に捨てられたのではないかとセンターのスタッフは言います。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

2匹はセンターではお行儀よく、しかも遊ぶのが大好きで、健康状態も良好です。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

バズはグレンを鼻先で押してベッドに誘導したり、食事をする時に自分の餌皿をグレンの前に押して、交互に同じお皿から食事をするそうです。

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

 

盲目のジャック・ラッセル犬のガイド犬は親友のブルテリア犬

センターは2匹同時に引き取ってくれる人が現れるまではセンターで面倒みる方針だそうです。

via daiymail

人間は歳をとったからと言ってこの2匹を捨てましたが、この2匹はたとえ何があってもお互いを捨てるなんて事はしないでしょう。

優しい飼い主さんがみつかりますよに!

 

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean