【驚愕】築地八宝亭一家惨殺事件・事件の真相・真犯人の目的は?


あの人、人柄いいし、何をやっても許されるよね。そんな人が、身の毛もよだつ殺人犯だったなら貴方はどうするだろうか。

時は1951年2月22日。
戦後の傷も癒えない東京築地にあった中華料理店『八宝亭』で、主人の岩本一郎(48)、妻キミ(40)、息子・元(11)、娘・紀子(10)が寝込みを襲われ惨殺されるという事件が起こった。

©ja.wikipedia.org

第一発見者は、同店に住み込みで働く料理人、山口常雄(25)。山口は『八宝亭』の目と鼻の先にある築地署に、よく出前に来ていた好青年で、彼は『朝起きたら一家が死んでいた』と血相を変えて署に飛び込んできた。

『八宝亭』の現場は、様々な事件現場や、戦争の爪痕を目の当りにした戦後の刑事たちでも、目を覆いたくなるような惨状だったという。

殆どの遺体は、頭部を薪割り用の鉈で何度も滅多切りにされており、血まみれの惨状だった。長女の紀子ちゃんに至っては、逃げようとしていた所を襲われたのか、襖に手をかけたまま、犯人に鉈を振り下ろされ死んだのが判る程だった。検死の結果襲われた時刻は明け方の4時だった事も判明。

現場からは現金3万円、永楽信用組合の通帳、千代田銀行(現:東京三菱UFJ銀行)、勧業銀行(現:みずほ銀行)の通帳と貴金属類がなくなっており、当時の被害総額は27万円、現在価値にして800万円以上だった。
凶器である鉈は、冷蔵庫の横に立てかけてあったが、この当時、鉈の柄の部分の様な木製のものから指紋鑑定で犯人を特定する技術すらなく、犯人捜しは難航を極めた。

だからこそ、これだけの惨劇が起きたにも関わらず、一つ屋根の下で寝ていた山口が寝ていた事に矛盾を感じた署の人間だが、山口が『事件2日前から怪しい女が住み込みで働きはじめ、その女が親戚筋の男を事件前夜に呼んでいた。』という山口の証言にすっかり誘導されてしまったのだった。

©syouheinouhau.daa.jp
山口によると、事件前日に、太田成子という20代半ばの小柄でパーマをかけた派手な女性が、女中見習いの貼り紙を見て、住み込みで働き始めたというのだ。その女が事件当夜、親戚の者が止まりに来たので、今夜や泊めるといい『八宝亭』に泊めたのを山口は見たらしい。
山口の目には、後ろ姿しか見えなかったその男は、グレーのジャンパーにブルーのスボンを履いていたというのだ。

たった一日二日しか働いていない女中を誰が覚えているかと署では疑問の声もあがったが、『八宝亭』で働く料理人・劉が『そんな名前の派手な女中が居た』と証言したことから、山口の証言は裏付けられることとなった。
しかも事件から数日後、信用組合の職員が、太田成子らしき女性が、お金をおろそうとして、印鑑の違いを指摘され銀行から去っていく所を目撃されていた。

署の人間の矛先は、太田成子に向かった一方で、いくつかの山口の証言や行動は矛盾したものが判明していた。

2:矛盾した証言と行動

山口の証言は、目撃投書から穴だらけだった。
事件当日『八宝亭』の電話は鳴り続けていたにも関わらず、ずっと話し中だったという。
受話器から山口の指紋も検出されていたが、署の人間は間抜けにも、出前の注文を承るのも山口君の仕事のうちだからと、見過ごしていたというのだ。


©bitter-magazine.net
何よりも、太田成子の名前も不自然だった。成子は普通『シゲコ』と呼ぶが彼は『ナリコ』と呼んでいた。そこを大手新聞社の人間に突っ込まれた時に、いささか狼狽した様子をみせつつも、笑ってごまかしたというのだ。

それだけでなく、その新聞社の記者を酒の席で巻き込み、今の女性週刊誌のノリで『とっておきのスクープを売るからコラムを書かせろ』と酒の席で記者に調子のいいことを言い、3月6日付の某大手新聞のにこの事件に関する『私の推理』というコラムを寄せた。

普通に考えると、事件の第一発見者は、有罪無罪であろうと、容疑者の嫌疑がかけられるのを防ぐ為、このような事はしない。まわりの人間が愚かとしか思えなかった。

山口は捜査中に何度も証言の矛盾点を指摘され、新聞社の記者にも、証言の矛盾点を指摘されてきたが、その時はなき脅しで乗り切ってきた。
『私は世話になった主人の犯人を捕まえるのに、こんなに努力しているのに犯人扱いされるなんて死んだ方がましだ』と大の大人が被害者妄想をふりかざし泣くのである。

それ以降、記者や署の人間が『山口は、殺された一家から絶大の信頼を得ていてシロだ』と言われ釈放されてからは、コロっと人が変わってしまうのだから、傍目に驚く変貌ぶりだったらしい。
しかし山口の命運は、太田成子が新宿の旅館で逮捕された事で尽きてしまう。

太田成子は偽名で、彼女の本名は、西野ツヤ子(24)。伊豆の漁師町の出身で妻子ある男性と不倫になり、父親からとがめられ、兄を慕い上京してきたが、金が底をつき、水商売をしていたというのだ。

その時、新宿で出逢ったのが山口だった。一見生真面目な山口が何故歓楽街に?『八宝亭』に住み込みで働いていた時も、客には、『将来料理店を持ちたい』と言っていた裕福な坊ちゃんだった山口が、と署の人間は太田改め、西野に詰め寄った。

西野は、お金がない事を山口に相談すると、八宝亭で働く事を教えてくれた、ここまではよかった。
しかし彼女が働き始めて2日目、物音がするので起きると、あの惨状が待っていた上、血まみれの遺体の上で鉈を手にした山口が鬼の形相で立ってたというのだ。
そして信金で全額預金をおろさないと、殺すぞと、脅したという。彼女は警察に捕まるというよりも山口に殺されるのが怖くてずっと逃げていたのだ。

西野の証言のウラが取れ、山口は署に連行されたが、その日の明け方、山口は留置場で服毒自殺。
事件の真相は闇に葬られたかに見えたが、実はそうではなかった。

3:過度の自己顕示欲と英雄欲がおこした犯行

事件検証の結果から、押入れに隠してあった山口の衣服から、被害者の血痕がみつかり、山口を犯人と断定できたものの、
被疑者死亡により不起訴となり、西野だけが懲役一年となったこの事件。

山口がこの様な凶行に及んだのには理由があった。

山口は茨城県川根村の裕福な農家の次男坊に生まれたが、都会への憧れが強く、中学校から横浜鶴見の軍需工場へ働き始める。
戦争の激化で故郷に戻り町役場に勤めるが、今度は女にだらしなく、何事ものらりくらりと言い訳する所が鼻につく人間と揶揄された。

しかし物資の困窮化で、配給の横流しを7回やった罪を一人かぶり懲役1年、執行猶予5年を喰らった時は、村の為にやってくれたと、妙に英雄視されてしまったため、彼の悪い行いや素性を誰も咎めなかったのだ。
本来であれば、前科ものの烙印をおされ、女にだらしない素性をここで戒めるべきだが、戦後の混乱時、周囲のいい人を食い物にした山口は、都会が忘れられず上京。

当時付き合っていた女がラーメン屋の女で、女に貢ぎ倒し、貯金が底をついた為に『八宝亭』に住み込みをしたのが、事件の2か月前だったというのだ。

今、フェイクニュースや、インスタで事実を『盛って』イイネ!を沢山貰う事がステイタスとなっているが、山口はそのはしりだったのではないだろうか。
ありのままの自分では満足できず、増幅した不満が犯行に及んだ末路としか思えない。

こんな記事も読まれています

築地八宝亭一家殺人事件

LINEで送る

Tree of bean