歩けない病院の看板猫が、病院に来る人々の癒しになっている


ロシアにある動物病院の看板猫・Lyutsikは、動物病院に来る
飼い主だけでなく、動物たちの心の拠り所になっているという。
lyutsik1
©PKPEPH

この猫、普通と違うのは脊髄損傷で、あわや首から下が
麻痺してしまう所だったというのだ。
Lyutsikは、生きようとする必死な努力で、苦しいリハビリに耐え、
四肢麻痺になる所を、今ではこの通り。

移動する時だけ職員の手を借りれば、後は、上半身を自分の力で
起こせるようになるまで回復した。

リハビリを怠ると、また戻ってしまうのが判っているのか、
Lyutsikは、生きる事すら辛い動物、飼い主たちの心情を
察するかのように、そっと寄り添っている。

それは、この動物病院のボランティアたちでさえ、驚く程だという。
lyutsikwithdogandcudder
©PKPEPH
ある時は、息を引き取ろうとしている老犬の体を
何度もさする飼い主の傍に寄り添い。

lyutsikwithblooddonnerdog
©PKPEPH
またある時は、長時間の献血に耐える犬の傍らで、心のよりどころになる。
動物病院の職員、ボランティアたちは忙しい。
それどどことなく察し、ケアしているのが、
この猫だというのだから驚きなのだ。

無論、Lyutsikの病状から、感染症などを患ってケージに入れられている
動物の所には近寄らせない様に、ボランティアや職員が、
目を光らせて移動させているのも事実。

chaochau
©PKPEPH
このチャウチャウは、病気が完治しかかっても、精神不安定で、
退院させたとしても
飼い主に迷惑がかからないかどうか、職員も心配していた。

だが、Lyutsikが頻繁に通うことで、
チャウチャウの精神状態が安定してきた。

病院の院長の獣医は、
Lyutsikは、私たちに出来ない事をしてくれているかけがえのない存在と、
手ばなしでほめている。

こうしている間にも、Lyutsikの病状は進行しており、Lyutsikは
毎日リハビリを続けながら、
病院に来る犬や猫たち、そして飼い主たちに勇気を与えているのだ。

Rescue Cat Can’t Walk on His Legs But Helps Sick Animals and Even Saves Their Lives

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean