家全焼事故から生き延びた仔猫たち


早朝のアトランタで、家が全焼。
4人の男性、2人の女性、計6人が亡くなる悲惨な事故がおきた。

家の主は、アーネスト・エルバハート。

近所の人によると、困っている人を見かけるとつい
手を差し伸べるお人よしだったという事や、現場検証の結果から、
出火原因は、放火ではないという事が確定していた。
montyandlibby
Lifeline Animal Projectは、火災が起きた一週間後に仔猫を救出。
同団体に所属し、仔猫を見つけたカレン・ハーシュはこう答える。

『悲惨な事故現場でした。仔猫たちは燃えかすになった
ベットの下で、埋もれて発見されたのです。』

カレンは、事故当時、消防士が、仔猫たちの信じられない
忠誠心を目の当たりにした事を語っている。

『消火活動の最中、仔猫たちは外に逃げ出せたにも関わらず、
逃げ遅れたアーネストさんを救おうと、炎の中に
入っていったというのです。』

近所の人たちは、消防士の人に止める様に言いました。
でも間に合わなかった。

そしてようやく今日、仔猫たちを見つける事が出来たのです。

では、その仔猫たちはどうしてるのだろうか。
monty
カレンによると、Lifeline Animal Projectが運営する
保護施設で無事保護されているそうだ。
libby
真っ先に炎に飛び込んでいった仔猫・マンティは、
活発な性格だが、妹のリビーはシャイだそうだ。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean