重油流出事故から仔猫を救ったイケメン従業員がカッコよすぎる


ロシア連邦・西シベリアに位置するハンティ・マンシ自治管区の
石油パイプライン従業員の1人アナトリー・テューペイさんは、
川で重油にまみれて身動きが出来なくなっている
仔猫二匹を、自らも重油にまみれて救った。
catandantholy

『ついこの間は、この川で、オイルまみれになった人を
救ったんだよ。今日は猫なんだね。』というアナトリーさん。

その言葉とは裏腹に救出劇は簡単なものでは、なさそうだった。

河川の汚染度が酷い地域で、溺れてかけていた仔猫二匹を
救うのは至難の業。
catwithoil
『でも遠くから仔猫が助けてくれって泣いてるのが
耳にはいったとしたら助けないわけにいかないだろう?』

仔猫たちの毛は重油で絡まり、首まで重油につかり、
アナトリーさんが助けた時には、皮膚呼吸もままならない状態だった。
catanddog
すぐさまアナトリーさんは、仔猫たちを家につれて帰り、
洗い様子を見た。
marblecat
今では、仔猫二匹は、アナトリーさんの愛犬と仲良くなっている。
damageriver2

しかし問題なのは、ロシア連邦のパイプラインの管理の悪さだ。
2015年の夏からこのパイプラインでは重油漏れが続き、
河川の汚染が止まらない。
damageriver
パイプラインで働く従業員たちが人海戦術で除去作業に
あたっているが、今後も、この様な事は起こりかねないと
非難の声もあがっているのだそうだ。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean