海外民泊ワースト集


[PR] 恋活もできる話題の「CTime」とは何?使うとプレゼントが届く可能性も!

GWに旅行に行きそびれたし人の中には、お盆前後に、
長期休暇をとって旅行に行きたいと思う人もいるでしょう。

その時に、宿泊代の節約として今話題の民泊を
利用する人も多いと、思います。

これが、結構写真移りが良かったり、あたり外れが
多いって事もありませんか。

そこで、世界各国の不動産情報や、賃貸ネットワーク、
民泊、今話題のAirbibから情報の中から、

これはありえないという『サイアク住居』を
幾つかピックアップして行きたいと思います。

1:プライバシーのない、キッチン(シドニー)
sydneyworst
(C)worstroom.com

シドニーにある、週350豪ドル(約28000円)のアパートだが。
月112,0000円としても、キッチンの横にお手洗いはありえないです。

2:ベッドで四方八方が埋まる部屋(ロンドン)
londonworst
(C)worstroom.com

これ、ベットの部分が、布団なら、
日本の’50年代~60年代に建てられた公団住宅でも
あるのですから不思議ですよね?

週363ドル(約43560円)というこの部屋
キャッチコピーは『ベットからどこでも行ける便利さ!』
だそうで。

3:ボイラー室まで貸す?(ブルックリン)
brooklynworstbasement
(C)worstroom.com

映画の撮影に出てきそうなこの部屋、実はボイラー室。
週のレンタル料金は294ドル(35284ドル)。
冬の間のシェアか、撮影に使う方がいいですね。

4:屋根裏利用(LA)
laworst
(C)worstroom.com

屋根裏カプセルホテル状態になっているのがLA。

お国柄なのか、どうなのか、大きすぎるベットを
一つ用意している所をみると、
これ、明らかに『素泊まり客』目的でしょう。
ちなみに利用料金は週20520円だそうで。

LAの高級ホテルに止まるよりは合理的ですね。

いかがでしたでしょうか。

今回の情報は、現地の民泊の不届き者の氷山の一角です。
旅先での思い出を素晴らしいものにする為に、
民泊先は慎重に選びましょう。

こんな記事も読まれています

Ten shocking rooms rentincluding one comes complete toilet kitchen warm cosy year round boiler right bed


Tree of bean