【ギネス2017】世界一長いネコ出現!ギネス2017発売!


『ギネス世界記録2017(日本発売元:KADOKAWA )』が
今月8日、世界同時発売になる。
’55年に発売されてから、60年以上『世界一』の基準を誇り、

『世界一』=『ギネスワールドレコードに認定される事』を
意味する様になった。

それと同時に、ギネス世界記録。
面白い記録保持者(動物)が、世界各地に居る事が判り、
読み物として面白い上、それがまた、
記録へのチャレンジャーを年々増やしているのも
ギネスが途絶えない理由の1つである。

longestcat
(C)Paul Micheal Huges/Guness World Record

今回ギネスに認定されたのは『世界一長いネコ』。
Ludoは、3フィート10.6インチ(約1m18cm)の猫。

普通の猫の三倍はあり、飼い猫として世界一の長さと認められた。

飼い主で、ウェスト・ヨークシャー在住の
ケルシー・ジルさん(写真)は、
『Ludoは、とても大人しくていい性格よ。
でも家に来た人は、Ludoを見るやいなやびっくりするわね、
だってとても大きいんですもの。』

はたまたこちらは、最も長い尻尾の犬。
longtail
(C)Richard Bradbury/Guiness World Record
大型犬の一種・アイリッシュ・ウルフハウンドのケオンの尻尾は、
30.2インチ(76.7cm)。

歩く後ろ足で自分の尻尾を踏まないのかと思う程。
飼い主は、ベルギーの46歳の方。

footrotation
(C)Paul Micheal Huges/Guiness World Record
こちらは、足首関節ほぼ後ろ側まで回る男の子。

ロンドンのエンフィールドに住む、マクスウェルは、
足首が157度まで回転して、ほぼ後ろに行く。

『痛そうに見えるでしょ、これ、全然痛くないんだよ』
というから、これってもしかして柔軟性?

icescoop
(C)PA
かと思えば、正直どうでもいいわ、というギネスレコードも。
こちらは、どれだけジェラードを乗せられるかに
チャレンジした男性。

前回は109個だったのに対し、今回は121個とご満悦。

日本でも、取ってもお金にならない特許がありますが、
ギネス記録も玉石混合があるかもしれません。

The bizzare, the daring and the utterly eye-watering! A huge pet cat, leaping llama and burning man are all new entries in the Guinness World Records 2017 (but don’t tell the German with the world’s biggest mouth!)

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean