英シェフ・ジェームス・マーティン・冠番組から降板


英国の人気セレブシェフ・ジェームス・マーティンが、
’06年から続いたBBCの冠番組Saturday Kitchenを降板する事が判明した。
james marthin
そろそろ潮時だというマーティンは、今後は、
新たなやってみたプロジェクトに取り組むのだという。

BBCの人気番組、Saturday Kitchenは、若いシェフの登竜門と
言われる、アンソニー・ウォーラル・トンプソンが、冠番組を持ったもの。

マーティンは、彼の元で修行をして他のシェフたちと意見が合わず喧嘩になった
事もあったようだが、ついに’06年、冠番組の座を勝ち取った。

それ以降、番組は各業界の有名人をはじめとするゲストを呼びながら
料理をするというスタイルで進められる事に。

自分の母親・スーザンを招いた回はこちら。

日本では、彼の名前はお馴染みでなくても、ノロも撃退する
フレッシュサニタイザーのメーカーと言えば判るだろう。
04
このプロダクトも彼の現場経験から作られたものだ。

彼自身、まだ名残惜しいうちに番組を降板する事が、引き際の美学だと考えている様だ。
『みんなが引き止めてくれるのは、肌身で感じるけれど、
もう数年もすれば、流れが違うシェフが出てくる』
それが彼の本音なのかもしれない。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean