【警官愛犬射殺】フロリダの警官、無抵抗のブルテリア射殺


その事件は、米国南部の住宅街を突然襲った。

フロリダ在住のジリアン・パラチョスさんが飼っていた
中型のブルテリアが、巡回の警官に射殺されたのは今週の火曜日。

ジリアンさん母娘が、愛犬のブルテリアを変わり果てた姿で
発見したのは、警官が去った後だった。
daughter
『うちの子は、見知らぬ人が来たから知らせるために
吠えただけなのよ。それなのに、頭を拳銃で撃ち抜くなんて
あんまりだわ』
policeoffisser
それどころか、この警官。
ブルテリアの頭を拳銃で三発打ち抜いた後に、
走り去って行ったのである。
bullteria
これが警官のする事だろうか。
犬の習性として見知らぬ人間が来た場合
吠える事はある。

家の監視カメラに全て映っていただけあり、
警察も言い訳は出来ない。

フロリダ警察の方は、コメントを控えてはいるものの
批判の嵐はやまないだろう。

パラチョスさんは、このブルテリアを
ドックシェルターで見つけてきて以来、
家族ぐるみで躾もきちんとしてきたらしい。
gillian
ブルテリアが殺されるまでは微笑みに満ちていた
母娘の心の支えを奪った警察の責任は重い。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean