年寄り猫を2回引取りに来た飼い主さん


米メリーランドにある、ペットの収容施設
Friends of Anne Arundel County Animal Controlは、
老犬、老猫となった為、飼い主が育てられられない、
もしくは飼い主が高齢、転勤の為、育てられないなどの
理由で引取られている収容施設。
maxmojo
そこで暮らしている茶虎のマックス(16)と
白トラのモジョ(11)は仲良し。

ある日、モジョを引取りたいという事で、
1人の婦人がやってきた。

だが、家に連れて帰ると施設に居た頃に比べて
寂しそうなモジョに気づいた婦人は、
クリスマスの後の26日に、マックスも引取る事に。

そうした所、婦人の予感は的中。
モジョは元気になったという。
max
『モジョは、いい子だから引取った時は
騒いだり、暴れたりしなかったけれど、きっと
マックスと離れて寂しかったのを我慢してたのだと思うわ。』
という飼い主さん。

これでマックスとモジョは、いつも一緒ですね。

歳がいった猫や犬を『2匹目』を引取るというのは、
難しい選択を迫られます。

こうした事情があればこそ、
育てられるのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean