【シュわちゃん劣化】筋肉系俳優ビフォーアフター、ターミネーターもうムリぽい俳優集めてみた


筋肉系俳優って、最初出てきた時は若くてイケメンで
男女共々、演技は二の次三の次で、肉体美が優先されますね。

その結果同じ様な役ばかり回ってくる事になり、
彼らは還暦を過ぎても、老体にムチうってアクションを
続けることになるのです。

そんな筋肉系俳優のビフォーアフターまとめてみました。

1:アーノルド・シュワルツェネッガー
old_Arnold-Schwarzenegger
ボディビルチャンピオンだった頃の彼の面影って
知ってる人居ない、んじゃないですか?

シュワちゃんが議員さんだった頃を知る人も難しい?
四捨五入して70になるシュワちゃんにターミネーターというのは
もうムリなのではないでしょうか?

2:ドルフ・ラングレン
old_Dolph-Lundgren
ターミネーターの新作が公開された夏に、
タイのアクション俳優トニー・ジャーとタイマンでアクションモノに出ていた
ドルフ・ラングレン。

本人はアクション俳優を続けていることにご満悦なようですが、
いくつもの大学を主席で卒業し、奨学金も貰うエリート頭脳は惜しい。




3:ミッキー・ローク
old_Mickey-Rourke
『ナイン・ハーフ』、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』の頃は、
細マッチョで冷酷な面差しを売りにし、黙っていても女がよってきた
ミッキー・ローク。

今では女グセの悪さや体型管理の悪さは、出演作の中でも自虐ネタとして
挿入するありさま。

4:マイケル・パレ
pare
『ストリート・オブ・ファイヤー』が日本で公開された当時、
『タイタニック』ばりのヒットになり、一躍ときの人となったマイケル・パレ。

そこからマダムキラー路線に進み、出演作でトップレスやベットシーンを
出しまくった事から、体型も崩れ今ではとんでもない事に。

若い頃から体型を崩さないように管理しているロバート・レッドフォードは
『忙しすぎて太っている暇がない』と言います。

トム・クルーズは、『トップガン』の宣伝にトップレスの写真を使うなと
広報に差し止めたそうです。

俳優側にこうした自制心がなければ、肉体美におぼれ、俳優としての
演技力を磨くことが疎かになりますので、気がつくと使用前使用後の体型に
なってしまうのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean