実は糖尿病と戦うセレブたち


生まれつき、もしくは後天性も含め、糖尿病と戦うセレブリティが居ます。
病気と闘うセレブリティたちを追ってみましょう。

1:ハル・ベリー
Halle-Berry-6
22歳の時に2型糖尿病と診断されてから26年間
闘病生活を送りつつ映画に出演。

『007』のボンドガールなどのアクションも
闘病中の中こなしたとあれば、素晴らしいのではないでしょうか?

2:トム・ハンクス
tom-hanks
ハンクスが、役作りの為に、長年無理な減量をしてきた為に
糖尿病になった事をカミングアウトしたのは57歳の時。

体当たり演技ではなく、内面を重視した穏やかな演技法に
切り替える事で、闘病生活と向き合っています。

3:ブレッド・マイケル
bret-michaels
ヘビメタバンド『ポイズン』のリード・ヴォーカル
ブレッド・マイケルは6歳の頃から闘病中。

楽屋でインシュリンを打っている姿が見つかっても
闘病中と言わず

『ロッカーだったらヤクやってると言った方がカッコいいだろ』と
’80年代当時は、イキっていまたが、

ライブ中に担ぎ込またり、2010年には
若年性脳卒中に見舞われたりと、宜しくない事態が続きました。
『リハビリの為にバンド活動を続ける』と言い張る暴れん坊。

闘病なんざくそくらえ、かもしれません。

4:ニック・ジョナス
nickjonas
モテモテブラザーズユニット『ジョナスブラザース』
兄弟の三男坊で、ボーカル、ピアノ、ドラム、
キーボード、ギターを担当する彼は13歳の時に突然1型糖尿病になったのだそう。

それは彼がスクールツアーに行った時に起こりました。

体重が7kgも激減し、1日に4リッター近く水を飲んでも
まだ喉が渇いていたので、休みをとって医者にかかり血糖値を図った所、
血糖値は700(平均は110)を超えていた。

『僕は死んじゃうの?』
『いいや良くなるよ、でもちゃんと病院にいかなきゃね』

ニックは、自分が糖尿病になった事について、
注目を浴びている今だからこそ、病気について学び続ける事も
できるのだし、それが日々の進展なのだと思うと語っています。

ファンにカミングアウトする時にも、
穏やかに話すニックですが、
自動的にインシュリンを注入するオムニパッドを
腕につけていた所、ファンにもぎ取られてしまったとか。

昔は病気に対する偏見もあり、
ある程度の地位を得るまでカミングアウトを
してこなかった例もあります。

最期のニックの例を見てみると、
あえてセレブリティがカミングアウトする事で
同じ病気を持つ人を勇気づけようという事も判りますね。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean