トラボルタ20年ぶりのアクション作PRで、17歳長女初お目見え


ジョン・トラボルタが、『フェイス/オフ』から20年ぶりに本格アクションに挑む『リベンジ・リスト(原題名:I Am Wrath)』が、17日(土)より東京・シネマート新宿を皮切りに全国順次ロードショー公開になる。

トラボルタが演じるのは、表向きは車の整備士、裏の顔は特殊部隊の元工作員、スタンリー。
彼は妻を殺され悪徳警官に事件をもみ消されたことから、裏社会の顔を潰しにかかるといういわゆる『トラボルタ版アウトロー』だ。

キアヌ・リーヴスの『ジョン・ウィック』や

トム・クルーズの『アウトロー』、マット・ディモンのジェイソン・ボーンと、

ここ数年、有名俳優の一匹狼ヒーローモノが続いている。

そんな中、今までメディアに顔が出なかった、トラボルタの長女エラ・ブルーが、初お目見えとなった。

©izismile.com
トラボルタは’91年に結婚したケリー・プレストンとの間に、長男ジェット、長女エラ、次男ベンジャミンが居たが、長男のジェットは’09年1月、自閉症の発作を起こし休暇先のバハマで死亡、享年16歳の若さだった。
長女の名前なのだが、最初は『スパム』にされそうになったらしい。

©izismile.com
というのも、トラボルタは自分の好きなものを子供の名前にしていたので、長男のジェットは自分が飛行機が好きだからという思い込みだった。
さすがに長女の名前が塩漬け缶詰の名前ではシャレにならないと総スカンを喰らい、エラ・ブルーになったという。

©izismile.com
顔だちは両親共々美男美女なので申し分ないのだが、いかんせん父親が油断すると、すぐ太るタイプなのを娘は譲り受けたらしい。
痩せると美女になるだろう。

John Travolta Has Finally Showed His 17-Year-Old Daughter

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean