過剰な自撮りをする男性はサイコパスなナルシスト?


インスタやFBなどSNSに投稿する際、一般に
女性の方が人物が多く、男性の方が風景や車など
ガジェットが多いそうだ。

女性は自撮りを定期的にupしたり、誰かと一緒の写真をupする事で、
人間関係の繋がりの維持に繋げるらしい。
しかしそれは『強いつながり』ではなくあくまで
『浅い繋がり』である事には変わりない。

一方男性が、自撮りを頻繁に載せたり、
取り巻きと一緒の写真を載せている方が、
ガジェットや風景より多い場合は、ナルシストや
サイコパスである可能性が最近の研究結果で判った。

自撮りでなくても、載せているものが自分の作品であるなら、
それも『自撮りの一部』としてカウントされる。

オハイオ州立大学の心理学者ジェシー・フォックス助教授は、
18~40歳の男性800人を対象に、SNSへの写真投稿露出度、
心理テスト、投稿頻度を分析。

定期的に自撮りをする男性は、反社会的であることが判明。
自分の写真にある程度加工を加えている人は、
ナルシストであるだけでなく、共感性も薄く、
人を見下すサイコパスの要素がある所がある所も判明した。
narusissit
©I Love Image/Cobius
『スマホで写真を撮りその場で加工する事が当たり前になった今、
そんなことは誰も不思議に思わないだろうね』とフォックスは言う。
『だがその行為が、自分自身の人格を加工している事に気付かないのは、
本人だけなんだ。』と彼は言う。

フォックスは、スマホでの過剰なセルフィー投稿による
認めて症候群は醜形恐怖症を招き、自分自身を認められなくなるという。
sefie
©Radius Image/Cobius
英国の少年ダニー・ボウマンが、自分の外見を受け入れられず、
スマホで写真を撮り続けた結果、自殺未遂を起こした事件は、
英国内でも記憶に新しいそうだ。

ボウマンは失恋のショックで、自分自身を受け入れられず、
一日10時間も自撮りに費やし、不登校になり30kg近く激痩せした末に
あわや命までも落としそうになった。

現在FBやSNSの投稿や、グループ参加で交流を深める人たちも多いと思う。
しかし『即レスしたもの勝ち』なり『アピールしたもの勝ち』な
習性がSNSにはびこった結果、

過剰な自撮りをする男性が増え、それはひいてはサイコパスを
生み出す結果となるのであれば、本末転倒という事だ。

Addicted to posting selfies? Then you’re probably selfish and may even be a psychopath, claims study

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean