【ビフォーアフター】公開30周年:トップガンのメインキャストこんなに変わった!


今年は『トップガン』が公開されて30周年。
30年前から業界の第一線を走り続けている主役の
トム・クルーズの他はどうなったのでしょうか?
1466082054
(C)東宝・allcinema

ケリー・マクリギス
1466081599
(C)yahoo.co.jp
物語の凛々しいヒロイン役だったチャーリー役のマクリギス。
彼女は、二度の離婚を経験した後、子供の為に銀幕から
姿を消していた。

その後、’09年にレズビアンである事をカミングアウトし、
6年前に同性婚している彼女も現在58歳。
現在はテレビ映画に出演する程度で、
メディアからは距離を置いている。

トム・スケリット
1466081810
(C)yahoo.co.jp/allcinema

マーヴェリックの上官であり、彼の父親のかつての同僚でもあった
ヴァイパーを演じていたのが、トム・スケリット。

彼も御年82歳、現役俳優。
ブラット・ピット主演の『リバー・ランズ・スルー・イット(1992)』では
ブラピ演じる青年の父親を演じ、ブルース・ウィリス、モニカ・ベルッチ主演の
『ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003)』にも出演。

やはり記憶に新しいのは『TED(テッド)』。
’80年代ネタが、てんこ盛りのこの映画の中で、スケリットは
『上司の知り合い』として本人役で登場していますね。




アンソニー・エドワーズ
1466081561
(C)東宝・yahoo.co.jp

マーヴェリックの相棒・グース役のアンソニー・エドワーズは
『ER』のチーフ・マーク・グリーンという方が、
馴染みやすいかもしれませんね。

長年レギュラーを勤めた『ER』降板の理由は家族との時間を
大切にしたいからだそう。
その後、映画では『ゾディアック(2006)』に出演しています。

ヴァル・キルマー
1466081965
(C)東宝・yahoo.co.jp

『トップガン』がきっかけとなって売れたともいえる
アイスマン役の、ヴァル・キルマー。

その後『ドアーズ』のジム・モリソンの半生を演じたり、
’95年の『バットマン』ではタイトルロールを。

’97年にはロジャー・ムーアが演じたTVドラマ『セイント』の
リメイクに挑戦するなど意気込みを見せていたのですが、
’00年にはいるとキャリアが失速。

絶頂期に比べて、あまりの太りように唖然。
まずはダイエットしなければいけませんね。




マイケル・アイアンサンド
aiansandbefore
『鬼教官』ジェスターを演じるアイアンサンドは、
タフな悪役で知られることが多く『トータルリコール』では
シュワちゃんを苦しめる悪役として出演。

リック・ロソビッチ
1466081679
(C)yahoo.com

アイスマンのレーダー要員・スライダーを演じていた
リック・ロソビッチですが日本で上映されていた映画では
『愛しのロクサーヌ(1987)』以降みあたりません。

『ER』の最初の方には出演してたようです。
いいオジサンになりましたね。

ジョン・ストックウェル
1466081859
(C)yahoo.com

マーヴェリックに『トップガン行き』を譲る事になった
エースパイロットクーガーの役を演じたジョン・ストックウェル。

最近では監督業に進出
『イントゥ・ザ・ブルー』やホラーものを監督しています。
ちょっと目線が怪しい?




ティム・ロビンス
1466081898
(C)yahoo.com

クーガーのレーダー要員・マーリンを演じていたのが
ティム・ロビンス。
この時は映画の最初の部分しか出てきませんが、その後の活躍はご存知の通り。

『ショーシャンクの空に』『ミスティック・リバー』そして
『デッドマンウォーキング』では監督脚本製作を勤めています。

メグ・ライアン
1466081631
(C)yahoo.co.jp,tumblur
意外?かもしれませんが、彼女は、アンソニー・エドワーズ演じる
グースの妻・キャロルの役で出演。
劇中ではトム・クルーズと2ショットの場面が見れる所も。

しかしラブコメの女王、メグ・ライアンも整形失敗疑惑があり、
ひっぱりすぎ顔には、もはや昔の面影はなく・・・。
周囲の声をガン無視しつづけ、今ではこの写真以上のオバケになっているのだとか。

となると、
1466082014
(C)東宝・yahoo.co.jp
トム・クルーズが、歯を矯正したとか、色々いわれても
何となく『自然な原型』をとどめているのは
凄い事なのだと思います。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean