誕生日に高速道路で命がけでトラネコを救った少年がカッコよすぎる…


14歳の男の子が、誕生日に高速道路に捨てられたトラネコを命がけで拾った。

©Erin Brown/Love Meow
高速道路に捨てられたトラネコを拾ったのはギャビン君。

母親エリンさんと2人でギャヴィン君のバースデー・パーティーをする前に、高速道路を通りかがった時に2人は反対側の車線でありえない光景を目の当りにした。

反対側の車線を走る車から、トラネコが捨てられたのだ。様子からして逃げ出したというのではなく捨てられたのが判るだけにエリンさんのショックは大きかった。

『高架の高速道路に猫を捨てていくなんて…私たちの目の前で、舗装道路の上を車に轢かれない様に逃げ回っていたわ。それを息子は危険を冒して捕まえに行ったのよ。』

©Erin Brown/Love Meow
ギャヴィン君は自分の誕生日に命を失う事もいとわず、捨てられた猫の為に、反対側の車線に渡り、逃げ回るトラネコをジャンプして捕獲。
彼がトラネコを捕まえた時、ネコはストレスで息が荒く、舗装道路を無理に掴んでいたからか、爪がほぼなくなりかかっていた。

トラネコは、BluePearl Animal Hospitalに運ばれ、医療スタッフにより治療が施され、痛みの緩和ケアが施された。
ギャヴィン君は、トラネコをかなり気に入っていて治療費がかなりかかったにも関わらず治療費を払うといったらしい。

©Erin Brown/Love Meow
『この子の勇気には感謝しているし、何よりもあんな状況だったら私にはトラネコを救うという事は出来なかった。それに猫がこんなに可愛いなんて。』とエリンさんは言う。
ギャヴィン君が誕生日に得られたものは勇気以上のものだったに違いない。

14-year Old Boy Dives into Overpass to Save Cat Hanging Over Bridge – Kitty Clings to Him for Life…

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean