英美人シェフが出したビーガンディップが人気


英南西部グロスタシャー出身の美人シェフ、ハンナ・マクコラム(26)は、
ケータリング会社に所属し、映画撮影現場へのケータリングサービス、
イベント開場の食事を手掛けてきた。
hannah-mccollum1
©Hannah McCollum
彼女は、その腕を評価されてきたものの、常に心を痛めていたのが、
自分の料理が手つかずのまま捨てられる事だった。

『大きなイベントを手掛ける事で、自分の実績が評価される事が
いいことだと思っていた。でもそれは違うと思ったの。』

彼女はある時、三日間に渡るサーキットレースのケータリングサービスを
受けまわった。

注文通り、大量のスモークサーモン、フレッシュチーズ、フルーツ盛り合わせ、
ケーキ、パティスリーと、揃えたものの、
レース関係者は、食事には殆ど手を付けず、つまみ程度のものしか口にしていなかった。

映画撮影現場のケータリングの仕事もやったが、俳優やスタッフは、
撮影に集中しており、のんびりと食事をたしなんではいなかった。

自分の仕事は本当に評価されているんだろうか。
一見、第一線の仕事をサポートする華やかな仕事に見えても、それは
正しく評価されているわけではない。

そんな考えから、彼女はケータリング会社を退職。
独立して事業を始める事となったのが、おととしの9月。
chipp1
©Hannah McCollum
その名もChic P

スーパーからサイズ違いで廃棄されるはずの野菜などを仕入れ、
ディップを売り出している。
chicp2
©Hannah McCollum
ディップは1カップ2.5ポンドとお手頃で、ビーガン向け。
キャロット、ジンジャー、ターメリック、ビーツ、セージ、ホースラディッシュ、
バナナ、アボカド、カカオなど
豊富な組み合わせだ。

既に、食に関心がある富裕層から注目を浴びていて、
本国ではフォートナム&メイソンの一部のショップで
買う事が出来るという。
hannna2
©Hannah McCollum
彼女の夢は、捨てられるはずの食材を使い、Chic Pのラインナップに加え、
それらを使ったカフェ、Chic P Cafeを開く事。

その場を食育の場として提供するだけでなく、
食育を広めるセミナーの場にもしたいのだそうだ。

Former chef, 26, who quit her job because she was horrified by the amount of food going to waste now turns leftovers into HUMMUS (and it’s on sale at Fortnum & Mason)

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean