【ラストクリスマス】『ワム!』のジョージ・マイケル死去


英歌手『ワム!』のジョージ・マイケルが自宅のオックスフォードシャーで亡くなった。
george_michael_2006
©Getty Images
彼はクリスマスの午後1時42分に、安らかに天国に旅立ったという。
ジョージ前マネージャー、マイケル・リップマンは、死因を心不全と発表している。

『ワム!』の相方でもあったアンドリュー・リッジリーや、友人のエルトン・ジョンが哀悼の
コメントをツイッター上で寄せていた。

ジョージが息を引き取り15分後、テムズ署に連絡が入り、前のマネージャーの所に連絡が入った。
代理人によると、53でまさか、こんな事になると思ってもいなかった。
何の疑いも予測もしてなかったという事だ。

ジョージは、『ワム!』が何故解散に至ったのか、’17年公開予定で
ドキュメンタリーを製作中だった。
lastchirsas1986
©Getty Images
それだけでなく今月初めには新アルバムの制作の為にプロデューサと打ち合わせをし、
コラボを組む歌手にビヨンセがリストアップされていた。

ビヨンセはインタビューで
『どんな面白い事かしらと思うと待ちきれなくて、ジョージはミステリアスな所があるでしょ。
なのに、こんな事になってしまうなんて、残念だわ。』と語っていた。


しかしジョージは、ライブどころかアルバムを吹き込む事も
ままならかったかもしれない事情があった。

’06年2月に大麻所持で、’10年には大麻吸引で禁固8週間の実刑判決。

’11年に重度の肺炎を患い、療養生活に入った末、主治医から
気管切開手術を施されてしまう。

ジョージはデイリーメールへのインタビューで
手術後生前こう語っていた。

『こんな事生き地獄と同じだ。今までと同じ様に歌えないなんて。
自分だけならまだいい。自分を取り巻全ての人間に対して
なんていえばいいんだろう。』

そんな中、彼が再起を図ったのが、’12年のロンドン五輪での
クロージングセレモニー。
この時誰が、亡くなる事を予期していただろう。

『ワム!』にとって、本当のラストクリスマスとなった今年。
ファン念願の再結成はなされなかった。

George Michael dies ‘of heart failure’ at his Oxfordshire home aged just 53 as heartbroken Wham! bandmate Andrew Ridgeley pays tribute to ‘my beloved friend Yog’ and fans mourn legend’s death

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean