整形キャットウーマン・ジョセリン・ウィデンシュタイン逮捕


4億円整形キャットウーマンとして悪名高い、
ジョセリン・ウィデンシュタイン(76)が、
ボーイフレンドでカナダ人のファッションデザイナー
ロイド・クライン(49)の顔をハサミで切りつけた。
shocking_marks_with_lyrod_klein2016december
©Prove-media for DailyMail.com

事件が起きたのは現地時間8日、真夜中の1時40分。
NYイースト47丁目1アベニューにあるトランプタワーの自宅。
流石のトランプ次期大統領も、お騒がせ4億円整形おばあさん、
ただの迷惑だろう。

タブロイド誌は、’03年から続いていた2人の関係を噂していたが、
今回の事件が引き金となり終止符をうつことになりそうだ。

ロイド氏は
『彼女は、どこと構わず激昂する事があるんだ。』と
インタビューでつぶやいた。
事件が起こった日の夕方も2人は普通に夕食を食べ、
穏やかにしていたという。
Walking in the Rain
©DailyMail.com

おそらくジョセリンとロイド氏の間に起こった事件は、
夫からみれば『青天の霹靂』であり妻からみれば
『どうして今まで気が付いてくれなかったの?』
という気持ちのすれ違いなのだろう。

この日も、ロイド氏は自宅でラップトップPCを使って
仕事をしていて、ジョセリンの『一言』を受け流した事が、
彼女が激昂する引き金になったのでは、と、ロイド氏は振り返る。
joserincout
©John.M.Mantel for DailyMail.com

ロイド氏がデザイナーを務めるブランドの
エクゼクティブディレクターのJohn Arguellesは
『事件時に何があったのか、ロイド本人は何も語ろうとしないんだ。
誰も本当の所は判らないよ』と
デイリーメール誌のインタビューに答えている。
wildestein_completely_covered_her_face
©Curtis Means for Daily Mail.com

ただロイド氏は、顔に傷を負った後、胸を刺されそうになり、
このままだと命の危険を感じた事、そして同じ屋根の下に暮らすと、
今後も同じことが起きるという身の危険から、警察を呼んだという。

ジョセリン・ウィルデンシュタインは、欧州の映画監督と同棲後、
’77年に武器商人アドナン・カショギとケニアの狩猟地へ
趣味の射撃に出かけた時、所有者である
アレク・ネイサン・ウィルデンシュタインと出逢い翌年結婚。

ちなみに整形前は、この様な初々しい女性だった。
jocelyn-wildenstein-before-surgery
©chatterbusy.blogspot.jp

しかし内面は嫉妬心が強く執念深いのか、それとも
夫が浮気ものなのか、
気難しい夫が若いロシア人美女と浮気する度に、整形を繰り返す。

夫が好きなタイプの野生の猫をイメージして整形を繰り返した事から
当初は『キャットウーマン』とよばれた。

そもそもジョスリンの整形がメディア沙汰になったのは、
’97年に夫と若い愛人が寝室にいる所をジョスリンが目撃。
夫が銃を持ち出し、警察沙汰になった事がきっかけ。

ちなみにこの夫妻’98年に離婚し、’99年にジョセリンは
業界最高額の慰謝料を獲得。

今までの整形でのビフォーアフターぶりは、
シルベスター・スタローンの母親と張り合える。

前夫アレクはジョセリンと離婚後’00年に別のロシア人モデル女性と
再婚したものの、’08年に前立腺ガンで他界。

2人の間には娘ダイアン、息子アレクJr.がいるが、今回の一件で
ジョセリンが少しぐらい懲りるといいと思う。

EXCLUSIVE: First picture of designer boyfriend of arrested ‘Catwoman’ Jocelyn Wildenstein after she ‘slashed him with scissors’ and ‘poured hot wax on his face’ during late night brawl

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean