元CIA職員無所属出馬・ユタ州で勝利か?


11月8日に米国大統領戦が控え、ドナルド・トランプか
ヒラリー・クリントン。

どちらに投票しても『国民が望む米国にならない』と言われる選挙で
『受け皿になろう(Better for America)』と遅咲きながら、
無所属で立候補した議員が居る。

エバン・マクマリン。
モルモン教徒で、元CIAという訳あり経歴の持主だ。
evan
(C)nationaliterview.com

マクマリンは、’76年
ソルトレークから南に80キロの都市、
ユタ州 プロボ生まれ。
生後すぐにシアトルに移住し育った。

ユタ州は、モルモン教徒が多く、エヴァンも
ワシントンの高校卒業後は、
南ブラジルにあるモルモン教徒のミッション系学校に入学。
その後、ユタ州のブリンガム大に入学。

ブリンガム大卒業後は、国連難民弁護官事務局(UNHCR)で働き、
アンマン、ヨルダンなど中東の事務局を転々とした。

その業績を買われ、’01~’11年までCIA対テロ対策部に所属。
その後、’15年まで下院でキャッシー・モリスの下で
政策部長として働くが、
大統領戦出馬の為、辞職した。

今月19日現在、マクマリンのユタ州での投票数は、
トランプより4ポイント、クリントンより7ポイント上回った。
このままユタ州で彼が勝てば
’68年以来、無所属の大統領候補が州レースで勝利を収める事になる。

大統領指名候補になったモルモン教徒といえば
ロムニー前マサチューセッツ州知事が有名だ。
romuy
(C)blog.hix05.com
が、モルモン教創始者のジョセフ・スミスも
1844年に立候補している。

モルモン教徒に厳しい目が向けられてきたのは、
教徒以外は神殿に立ち入る事が出来ないという
秘密主義や過去に重婚を認めていた事。
嗜好品の禁止が大きい。

マクマリンが、大統領になればトランプの様な暴挙に
出ないだろうと言われているが、オバマ大統領時代に
ようやく認められた性的マイノリティへの人権問題などが事実上、
元の鞘に戻ってしまう。

米国人の3人に1人はモルモン教に対し『好ましくない』という
印象がある。

前回ロムニー氏は、モルモン教にふれず、政策一辺倒で
賞レースを勝とうとしたが人種の壁を乗り越え、宗教を味方につけたバラク・オバマに破れた。

誰が大統領になっても、いい意味での劇的チェンジは
難しい米国だろうか。
ヒラリーやトランプが勝てば最高齢の大統領になるが、
マクマリンが勝てば、JFKがもつ最年少大統領記録を
塗り替えるかもしれない。

映画の様に『元CIAが世界をかえる』のは壁が厚いらしい。

Evan McMullin

Independent presidential candidate Evan McMullin leads in Utah — new poll

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean