【驚愕】歴史に残る世界未解決ミステリー


世界では様々な未解決事件、事故が『ミステリー』として
語られています。

どの様なものがあるのでしょうか。

1:ロリー・ラフ事件
lori-ruff
©Miami Herald
1人の女性のID詐称から起こった悲劇。

’04年、ブレーク・ラフは、控えめでおとなしいロリー・ケネディと結婚。
彼女は過去や親族について一切語らず、ブレークが聞いても
口ごもるばかり。

ロリーが’10年に自殺した後、ラフは彼女の遺留品の箱の中から、
彼女の顔写真を貼った複数・別名義のIDを見つけ仰天。

ロリーは’88年から、死んだ女性のIDを盗んで暮らしていたのだ。

遺伝子操作の権威、コーリーン・フィッツジェラルドは、
ロリーが何者であるかを調べた結果、
彼女は、’86年に両親が離婚して以来失踪した
キンバリー・マクレーン・キャセイと判明。

彼女の両親は、娘の死に顔を前にして再開する羽目になった。

2:バーガーキングの横で寝ていた男
benjaman-kyle
©Adam Harbotte

’04年、ベンジャミン・カイルという男性が、ジョージア州の
バーガーキングの裏で裸で意識を失ってる状態で発見された。

彼は頭を3回殴られた痕跡があり、記憶はあいまい。
しかも実年齢について聞くと明らかに間違っていた。

遺伝子調査の教授、セセ・ムーアは、彼のカウンセリングを担当。
彼の過去を丁寧にたどっていくと、彼は
’76年に両親とはぐれ、教育を受けていない為、言葉を話せない
状態だという。

ベンジャミンは散々メディアの取材を受け辟易としたからか、
素性は、本人のプライバシーを保ちたいという意向で
伏せられている。

彼自身は、両親の元に戻りたい様だが、社会復帰そのものが
難しい彼にとって前途多難な上、彼はいまだに米国内では
社会的には行方不明者扱いだ。

3:セレステ号に何が起きたのか
mary-celeste
©wikipedia
1872年、ニューヨークから工業用アルコール(エタノール)を積み、
ジェノバに到着する予定だったマリー・セレステ号が、
沖合で無人状態で発見された。

船内には半年分の食糧があり、船も傷みはなく荒らされた
形跡はなかった。

後に科学捜査の権威アンドレア・セラは、セレステ号のミステリーを
こう分析している。

当時の船長はアルコールの運搬が初めてだった為、船内で樽詰め
アルコールが漏れ出した事に、船が爆発するかもしれないという
恐怖感が先立ちパニックになったというのだ。

救命ボートに乗ったものは溺れたか、直射日光による熱中症で
死んだとされている。
尚沈没したセレステ号は、冒険作家クライブ・カッスラーが
保管している。

4:カレドニアの高校生、35年ぶりに身分発覚
tammy-jo-alexander
©Drime Feed
’79年11月に銃殺されたカレドニアの高校生の遺体は翌日発見されたが、
その日が大雨だった為、証拠となる指紋、血痕が全て流れてしまい、
小学生の身元どころか犯人も長年特定できずしまいだった。

すると彼女の名前は行方不明者リストの中から、タミー・アレキサンドラ
と発覚、故人の友人や親族の立ち合いの元DNA鑑定が行われた末だった。

タミーは学校で長年いじめられた末、ドラッグに依存し、
’70年代後半からしばしば家を無断で出ていったという。

タミーの母親は『タミーは麻薬がらみで殺されたかもしれない。
でも娘へのいじめがなくならないなら、それでよかった』
という酷な答えをだしている。

5:信託銀の銀行員、マクド店員に殺される

daniel-clay
©WXYZ-TV
大手信託銀行の支店に勤めるチェルシー・ブルックスは、2年前の
ハロウィンに『バットマン』のポイズン・アイビーの
コスプレをして彼氏を驚かせようと部屋で待っていた。

しかしその『彼』に殺されたのだ。
ブルックスの彼の名はダニエル・クレイ、マクドの店員。

公判が行われた当時は、ダニエルの元カノでマクドの従業員まで
彼を擁護し、捜査が難航したが、ダニエルは懲役22年の刑に。

6:Baby Hopeと呼ばれた女の子
baby-hope
©New York Post
’91年、NYの土建屋がマンハッタンで仕事中に見つけた紺の
クーラーボックスの中にはコカ・コーラの空き缶に紛れ、
女の子の死体が入っていた。

凍らせた死体はゴミ袋に入れられ裸で、一見身元が判らなかった。
しかし思わぬ所から、彼女の身元が判明したのは’13年。

彼女はアンジェリカ・コンラッド(当時4歳)。
当時30歳の従兄にレイプされた末殺害されたという。

彼の姉マルガリータが弟の犯行を認めた事で、死後12年にして
長年『Baby Hope』と呼ばれ続けていた彼女の身元は判明。

マルガリータが証言できなかった理由は、彼女が不法移民で
国外退去を恐れていた事と、彼女は英語が喋れなかった事だった。

7:ナチス・ドイツのスパイの女優
bella-wych-elm
©The Independents
時は’43年、終戦間際の欧州。

英国南西部ウースター州で4人の青年骸骨がウィッチヘーゼルの木に
貼り付けられるという事件が起きた。

それだけでなく木の下には不気味なメッセージが
『ベラを死においやったのは誰だ?』

当時『ベラ』が何者か、表向き誰も見当がつかなかったというが
歴史学者ジェームス・ウースターは、ベラというのは、
当時カフェーに出入りしていた女優のはしくれ、Clara Baourele
ではないかとみている。

彼女のニックネームがベラだったというのだ。
そして彼女が英国のクラブに出入りしていたのはナチのスパイだった
からという説がある。

しかし彼女が本国に戻った記録はない。
ただあるのは、この写真を撮った男の記録のみだ。

7:スウェーデンのシンドラー、死亡確定へ
raoul-wallenberg
©wikipedia
第二次世界大戦中に、ナチスドイツのユダヤ人迫害から
救ったのはシンドラー、杉原千畝だけではない。

’44年ハンガリーの外交官だったラウル・ワレンバーグは、
中立国だったスウェーデンイキの保護証書を発行し、
収容所に居るユダヤ人を釈放させ、命を救った。

その数は、10万人を超えるという。

その翌年、ラウルはハンガリーに侵攻したソ連幹部に
会見を求めるべく司令部に出向き、行方不明に。

’57年に、当時のソ連の外務次官・ヴロムイコがラウルは
’47年にKGBの収容所内で、心筋梗塞で死亡したと発表したが、
死亡診断書もなかったことから、遺族らは、不明ととらえていた。

しかし今年、ラウルの財産管理人は正式にラウルの死亡認定を
申請したという。

もしラウルがどこかで生きていたと仮定しても、彼は
とうの昔に100歳を超えているはずだ。

8:生まれてすぐ、盗まれた赤ちゃん
paul-fronczak
©Facebook
約半世紀前に、シカゴの病院で生まれた赤ちゃんが何者かにより
連れ去られ、未だに行方がわからない。

赤ちゃんが生まれたのは’64年4月27日。
名前はPaul Franczak。

ネバダ州生まれの俳優である父と、母ドーラの間に生まれた。
両親に囲まれ、生まれたばかりの写真もとり、一段落、
という所で、ポールが一人っきりになった所を
何者かが奪っていったという。

1年かけてFBIが全米中を捜査した結果、似た見かけの赤ちゃんが
ニュージャージーで見捨てられているのを発見。
事件は公には終結となった。

しかし育てているドーラにとって事件は未解決だった。
FBIが『息子さんです』といって連れてきた赤ちゃんは、
成長するにつれ、両親どちらにも似ない顔だちとなっていた。

不安に思っドーラさんは、息子さんのDNA鑑定を依頼すると、
両親と一致しなかった。

本物のポールは以前誰かが奪っていったままだったのだ。
未だに問題は解決してない上、生きていればポールは48歳になる。

いかがだろうか。
世界には、時を超えて解決したミステリー、未だ未解決のものもある。
それがまた興味対象になるかもしれないし、明日は我が身かもしれない。

10 Unsolved Mysteries That Have Finally Been Cracked

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean