ニットの女王・ソニア・リキエル死去


『ニットの女王』と呼ばれ、バブルの頃には日本でも人気が高かった
デザイナーの1人、ソニア・リキエルが、亡くなった。

娘でディレクターのナタリー・リキエルによると、死因は
12年前から患ってたパーキンソン病。
自宅のパリで明け方眠る様に亡くなったという。
soniaandnatarie
(C)AP
オランド仏大統領は、彼女の死に対し

『ソニア・リキエルは、ファッションだけでなく
女性の新たな生き方も示した。』と哀悼の意を表明した。

ロシア人の時計職人の父親と、
ポーランド人の母親との間に生まれたソニア。
彼女の功績といえば、日常着だったニットを
オシャレ着に生まれ変わらせた事。
49166-2
(C)pleasurephotoroom.com
それはサンローランやディオールなど、他のデザイナーの様に
洋裁学校を出ているデザイナーと違った発想だった。

夫が経営していたブティック『ローラ』の為に、
’62年にデザインした『プア・ボーイ』セーターがヒット。

離婚後にサンジェルマン地区に自分の店を持った事から、
ブリジット・バルドー、オードリー・ヘップバーン、
シルヴィ・バルタンなど、オフでは上質でカジュアルな服を着たい
という女優の顧客が付いて、人気に火がついた。
audreysonia
(C)elperiodico.com

現在日本では、ファッションはオンワードの傘下に入り、
一時期は、クリスマス限定コフレを出していた化粧品も、
’15年に生産終了。

だが海外では、
ケイト・ボスワース、スカーレット・ヨハンソン、ミランダ・カー、
セリーナ・ゴメスなど、第一線で活躍する女優に支えられていた。
mirandasonia
(C)ABCA USA/Empics Entertaiment

’60年代にいち早く、自分のセレクトショップで
ソニアリキエルを取り扱ったのがジル・サンダーと言われている。

今、ソニアのエスプリを受け継ぐのは
ジルしか居ないのかも知れない。

French fashion designer Sonia Rykiel dubbed the Queen of Knitwear and loved by the stars dies aged 86 after long battle with Parkinson’s disease

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean