猫のX-men現る?突然変異4つ耳の黒猫


現在『X-men:アポカリプス』が上映中だが、
それに合わせてかどうか知らないが、

突然変異の猫が発見された。
それも4つ耳の猫なのである。

米ペンシルベニア州ピッツバーグの動物愛護協会により、
保護された黒猫。

黒猫は、海外でも不吉の象徴と言われ、
なかなか引き取り手が見つからない。
障害や感染症を持っていたら尚更の事だ。

保護された時、この3歳の黒猫は、気道に感染症を持っていて、
病院で治療したとしても、なかなか引き取り手が見つからないだろうと
職員に思われていた。
batmatcat2
©Western PA Human Society
が、この3歳の黒猫は、X-menならぬ『バットマン』と名付けられ
引き取り手がすぐに決まった。

その理由は、耳が4つあるという珍しさである。
猫は、ごく稀に劣性遺伝子により、4つの耳を持って
生まれる事があるらしい。
幸いにも、バットマンはこれに救われた。

名づけ親は、里親となる家族の娘。
スーパーヒーローが好きな娘は、X-menよりもバットマンだったらしい。
batmancat1
©Western PA Human Society
保護され治療を受けた後、わずか数時間で、バットマンは
新たな家庭を見つけ旅立って行った。

ピッツバーグの同保護センターでは、
バットマンの様な幸福を
全ての保護された猫と犬に分け与えたいとコメントしている。

Meet Batman, the four eared cat~Western PA Human Society~

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean