処女作出版前に、謎の死を遂げた女流作家


元教師のヘレン・グラドウェル(39)は、
処女作発表前の4ヶ月前に死体で発見された。

英グレイト・マンチェスターの自宅で、訪ねてきた
近所の住民によって発見された時、彼女はベットに倒れていた。

鑑識の調査の結果から、死後4ヶ月は経過していると見られ、
原因は、片頭痛を抑える為の睡眠薬を大量服量した事と
いわれているが、自殺と、とられている。
helen
(C)cascadeneews.co.uk

彼女は心理学や社会学を専攻する講師でありながら、自分自身は
人間関係に悩まされ続けていた。

彼女が心を許していたのは、飼っていたジャーマン・シェパードと
パニエルの犬2匹だけだったかもしれない。

心の中に悩みを抱え、それを周囲に言えず、心理的要因から
半身麻痺を引き起こし、キャリアに響いたと言われていた。

彼女は、この所、友人、親族縁者とも疎遠にしており、家族が最後に
彼女から受取ったメールは、年末には帰れそうにもないという、
去年の暮れの日付のものだった。
writing
(C)Alamy Stock Photo
教師としての道を絶たれた彼女は、執筆活動にのめりこんだが、
その為に、鎮痛剤が手放せなくなり、薬物依存となった結果、
死に到ったのではないか、と専門家は判断する。

皮肉な事に、ヘレンの死後、郵便受けには出版社から、
刷り上った見本、『The Nature’s Spirits』が投函されていた。
book
(C)Alamy
ヘレンの母親は、今回の事件に対してこう、コメントしている。

『ヘレンは、とても賢い子だったのよ。死んでしまったなんて、
惨劇としか思えないわ。』と。

こんな記事も読まれています

Reclusive author was found dead in house after FOUR MONTHS and died without knowing her first book was going to be published

LINEで送る

Tree of bean