乗ってみたい世界の地下鉄まとめ


日本の鉄道の内装の殆どは画一的だと思いませんか。

凝っているなぁと思えば1日数本しか走ってない
『七つ星』みたいな、プレミアム特急だったり。

しかもお払い箱になった車両は、タイや韓国、インドなど
東南アジア諸国で活躍中。

では、欧州各国で活躍中の地下鉄の内装は、
どの様になっているのでしょうか?
オシャレなものをピックアップしていきましょう。

ミュンヘン(ドイツ)
munichgermansubway
(C)acidcow.com
色の取り合わせや、座席の配置など、デザイン性は抜群。
一度は乗って見たいですね。

グラスゴー(イギリス)
englandgurasgowsubway
(C)acidcow.com

空いてる時に座席に座れたらラッキーな、地下鉄。

プラハ(チェコスロバキア)
prague_csechsubway
(C)acidcow.com

日本でも、昔のローカル線の座席を連結ている地下鉄で
最近みられるようになった座席の作り。
ゆったりしています。

トロント(カナダ)
toronntocanadasubway
(C)acidcow.com

すっきりしています。
同じカナダでもケヴェックやモントリオールでは
また違った感じになりますね。

ストックホルム(スウェーデン)
swedensubway
(C)acidcow.com

座席にゆとりがあり、落ち着いて座れます。
長旅も癒されますね。

ドバイ(アラブ首長国連邦)
dubausubway
(C)acidcow.com

近代的なデザインな上、1人席を地下鉄で確保してあるのは
嬉しいですね。

いかがでしょうか。
世界には、地下鉄だけでなく、お洒落な内装の列車が
数多くあります。

これらを楽しむ目的で旅をしてみるのもいいですね。

こんな記事も読まれています

Subway Cars Around the World 30

LINEで送る

Tree of bean