【ビフォーアフター】ニューヨークの地下鉄昔と今


日本の電車が、昔と今では全く違い、
『レトロなものが好き』という鉄道ファンが
居るのと同じ様に、米国の地下鉄の内装も、
戦前、ベトナム戦争末期、そして今では、
全く異なります。

今は落書きだらけのNYの地下鉄、昔と今を見て行きましょう。

1933年
newyorksubway
(C)piximus.net

戦前の地下鉄は、モダンジャズ文化華やかなりし頃の
NYを繁栄してオシャレですね。
座席にも、ゆとりがあり、テーブルもあります。

1964年
subwayny1964
(C)piximus.net

この頃からロングシートを起用したのが判ります。
冷房設備は完備してないのか、扇風機が天井に。
シートはビニールシートですね。

1978年
subwayny1978
(C)piximus.net

伸びきった感じのつり革が登場。
空調がお情け程度についたものの、シートは
いつ壊れても交換可能なように、プラスチックの安物に。

現在
nysubwaynow
(C)piximus.net

これはマンハッタンのもの。

ちなみに、本物のNYの地下鉄を使い撮影された
『サブウェイ123』では別バージョンのシートの
地下鉄が使用されています。

たかが地下鉄のシート、されど、シートでも
歴史を感じますね。

こんな記事も読まれています

Subway car around the world

LINEで送る

Tree of bean