全盲・聾唖になる危機を乗り越えた21歳の大学生


この春、英国の大学を卒業予定のナオミ・ギルさんは、
見かけは普通の大学生と変わらない。

母・メラニーさんは、’95年、ナオミさんが産まれてきた時、
体重わずか1キロに満たない超未熟児だった事に
胸がつぶれそうになった。
naomiandgill
『この子は生まれてから3ヶ月保育器の中に入れられていたの。
機械なしでは息もできなければ、チューブなしで
栄養もとれなかったのよ。』

肺の機能も半分しかなく、このままでは
目も見えず、耳も聞こえなくなる。

ロンドン大で、超未熟児の生後を研究している
マロリー博士は、ナオミさんが、特別変わった治療をしている
訳でもないのに、ここまで生きられた事に対して
『まさに奇跡だ』と感嘆している。
naomicollege
ナオミさんが21歳になるまでの間に、医療医術も
めまぐるしく進化し、お腹の中の子供の性別だけでなく
障害の有無もある程度見分けられるようになった。

それ以上に、今の世の中に希望を与えるのは、
ナオミさんの様な存在である。
naomi4
彼女は後遺症で、記憶を長い間保てず、幼稚園の頃は
失読症に悩まされた。

今も肺の機能を補う薬を飲んでいるが、
その副作用として喘息にかかる事がある。

それでも彼女は、未来に向かって前向きに生きている。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean