精子提供で1000人子作り目差す無責任男


以前、テアトルシネマグループで公開された映画で、
『人生ブラボー』という映画があった。

精子提供行為が、この映画の舞台となる’90年代カナダでは
2万円だったという事実が発覚。

高度経済成長期の日本では、金のない若者が血液を売る
『売血』をやりすぎたために、肝臓の病を患うシーンが
高倉健主演の『新幹線大爆破』に出てくるが、

今回紹介するのは、映画だけじゃなくて、
実際に『精子提供をアホみたいにやっている男』の話である。

英国に住むサイモン・ワトソン(41)は、バツ2子持ち。

自分の家庭も維持出来ないのに、ここ16年で
精子提供をしたその数は800以上に及ぶという、ろくでなしだ。

育てたくは無いが、ボクの子供は欲しいという。
何を普通の自家用車の前でドヤ顔をしてるのだ、この男。
simonwithcar
『人生ブラボー』の主人公は、自分が提供した事を
名乗り出なかった。

しかしこの男は最初の奥さんである
アロマセラピストが、精子提供行為を、
ビジネスまがいにしてしまった為
彼は名乗り出てから、精子提供を行なう事に。

そして無事子供が育った暁には、その様子を見にいって
FBに『親ですよ~』と載せている。

その行為がいかがなものかと知的層からバッシングを浴びている。

サイモン曰く
『ボクはビアンのカップルで子供が欲しいという人にも
提供したのだからいいじゃないか』
といってるが、それは800の中の『ごくわずか』で
言い訳にはならないだろう。

しかも医学的にみて精子提供で育つ確立は4割。
彼は前の奥さんに、そそのかされてから、
ますますやる気になり、ロンドンの
NHS clinic at University College Hospitalで
精子提供を定期的に行なっていた。
ssimonspamdonner
が、彼の二番目の奥さんで韓国人歌手の人は、
自分で育てられず、命をムダにするのであれば
やめて欲しいといい、この度、離婚。
彼との間に生まれた娘はリリー(11)である。
simonwithliry

サイモンは、後4年で精子提供を1000にすると言っているが
誰も止める人はいないのだろうか?

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean