【ゴールデングローブ賞】ゴールデングローブ賞に参列するイタすぎるセレブたち


2016年のゴールデングローブ賞は、
ディカプリオの『レヴェナント:蘇えりし者』の
三冠に終わった。

ゴールデングローブに関しては三度目だが、
意外にも彼は、オスカー主演賞には縁がない。
そろそろオスカー主演賞が欲しい所だが、
dicapurio2016
その前に、この様な場所に『何故か』現れる
イタすぎるセレブたちをご紹介。

1:レディ・ヴィクトリア・ハーヴェイ

1452502585
このドレス、’14年のゴールデングローブ賞のものだが、
正面から見ると問題なさそうなこのドレス。

片方から見ると、ヌード???
これもレッドカーペットだからこそ許されている???

あくまで彼女からみれば、レッドカーペット=自分を
アピールする場なのだろう。

2:コンチータ・ヴルスト

concita2015
昨年、会場のセレブのド肝を抜いたのが、豪州の歌手で、
ドラッグクウィーンの、コンチータ・ヴルスト。

豪州の売り出し中の俳優たちが出演した
ドラッグクイーンの映画『プリシラ』というのが昔あったが、
それを『地』でいくのが彼。

ヒゲ面美人な上に、歯に衣着せぬ言動、歌唱力の
三拍子がそろったコンチータは、欧州各国のイベントに参加する度に

『言論の自由は攻撃を受けるはめになることがハッキリしたの。
でも、団結しましょう。』と語っている。

3:メル・ギブソン

2016年のゴールデングローブ賞のプレゼンテーターに
決定した途端、ツイッターをはじめとする格メディアは炎上。

過去のマイノリティ差別発言が災いした上に、
同じ様にプレゼンテーターに登壇するのは
『リリィの全て』で世界初の性別適合手術を受けた男性を演じた
エディ・レッドメイン。
1452502525
しかも、今年彼と同じ年代でゴールデングローブ賞の
助演男優賞を受賞したのは『エクスペンダブルス3』で共演した
シルベスター・スタローン。

ずっとラジー賞の常連だった、スタローンからしてみれば、
ゴールデングローブ賞の受賞は悲願。

イタイセレブの仲間入りをしてしまった
メルギブには大人しくして貰わなくてはいけない。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean