デヴィット・ボウイ死去・ガンで闘病中だった


マルチミュージシャンで俳優のデヴィット・ボウイが、
2016年1月10日、ガンの為死去していた事が判った。

享年69歳。
bowie69
ボウイは、1月8日の誕生日付けで、
通算25作目となるニューアルバム
『Blackstar』をリリースしたばかり。

デヴィット・ボウイは、ロック界のマイルス・デイヴィス
でありソニー・ロリンズとも言える。

人気が出て音楽スタイルを確立したミュージシャンであれば、
ファンを失う事や、確立したスタイルを壊す事の恐れから、
あえて、人気絶好調だった時と同じ音楽スタイルを貫こうとする。

だがボウイは、ファンや時代が付いていこうが、そうでなかろうが、
自分を脱皮させ、変化させたアーティストだった。

その生き様は、カルチャークラブ、デュランデュラン、
デヴィット・バーンなどに、影響を及ぼした。
davidbowi1
その一方で、飛行恐怖症な為、’73年の初来日時に船で来日、
シベリア鉄道で帰国という、とんでもない遠回りで往復していた事が発覚。

が、’06年に撮影された映画『プレステージ』では、
ヘリコプターに乗っているのだから、ボウイの人生には
不可能が可能にするとまで言われていた。

10年以上前の’04年のドイツ公演中に、
肩の痛みを覚え倒れ、心臓手術を受けるという
命の危機を乗り越え、奇跡の復活をとげたボウイ。

同年のオスロツアーでは、
客の投げたロリポップがボウイの目に当たり、
ボウイはロリポップが瞼にくっついたままライブ続行という
強行軍をしていた事も判明。
bowyrorypop2004
2011年以降からは、音楽活動をほぼ停止していた為、
2013年に突如復帰してきた時には、
ボウイのトリビュートアルバムを作ってしまった、
エコー&ザ・バニーメンのフロントマン、
イアン・マッカロクは蒼ざめたそうだ。

この様に数々の苦難を乗り越え、
不死鳥の様によみがえってきたボウイ。
今回も18ヶ月の闘病の末だったという。

世界中のファンに復活を切望されていただけに残念でもある。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean