【ビフォーアフター】スタローンの曰くつき母親が整形失敗しすぎな件について


もはや『世界仰天ニュース』にも出てくる様になった
セレブの母親といえば、
シルベルタ・スタローンの母親で、

自称占い師というジャッキー・スタローン。

昔はボクシングジムを経営する女傑だった。
jackiestallonebefore
そこからスタローンはモハメド・アリの試合を見て
インスピレーションを受け、『ロッキー』の脚本を
書いた話はあまりにも有名。

が、スタローンが有名になったのが災いしたのか、
その後のジャッキーの顔の崩れっぷりは、ただ事ではない。
jackiestallone1991
息子のキャリアが絶好調な時は、普通のオバサマだった
ジャッキー。

こう言っては失礼だが、息子のキャリアが
少々落ち目になった頃とジャッキーの年齢が重なり
彼女は自分の顔にメスを入れだしたのが判る。
jackiestallone2005
2000年になった頃には、ヒアルロン酸を
入れまくっているのか顔が既にパンパンで、
御歳80を超えているようには見えない。

ちなみに、この頃から日本の民放の
ゴールデンタイムでジャッキーは
面白おかしく取り上げられてしまっている。

この写真の頃になると確か90歳を超えているはずなのだが、
jackiestallone2012
どこの男性が90を超えたオバアサンのミニスカをみたいだろうか?
顔は金の糸で釣りまくり、ボトックス、ヒアルロン酸を
いれまくって、ほぼ原型はどこかへ消えている。

さすがの息子(スタローン)も、この母親には近づけない。

息子の映画『クリード』がクリスマス前から
公開だというのだから、
還暦杉の息子の行く手を阻まない方がいいと思う。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean