病に蝕まれた捨て猫が奇跡の回復


10歳になる紺色の猫は、インディゴの色から
インディと呼ばれていた。

が呼びかけても返事がない。
インディは保護された時には、片目が見えないだけでなく
耳が聞こえなかった。
indiebefore
インディは、部屋の隅で、じっと動かず
くたびれた様子で、餌もあまりたべなかった。

様子がおかしいと思ったボランティアは、
耳垢がたまって感染症になっているインディを
獣医に見せる。

するとインディの目や耳の病は、
尿路感染症から来る腎臓病である事が発覚。

普通ならここでシェルターのボランティアも
他の保護している猫や犬に感染する事を恐れ
諦めてしまう。
indiehospital
しかし一晩中泣き続ける事もあったインディを
ボランティアの面々と獣医は見捨てる事は出来なかった。

インディもまた生きるのを諦めなかった。

5ヶ月の治療の末、インディは体重も増え、
飼い主が見つかる事に。
indieafter
耳は補聴器をつけ、腎臓に関しては経過を見ている最中だが、
今は穏やかにテレビをみながら過ごしているという。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean