飼い猫たちの終の棲家


もしも、貴方が何らかの事情で、
今大事にしている、猫を手放さなくてはいけない場合、
どうするでしょうか。

しかもその猫が、人間で言う所の100歳近くにあたる、
20歳を超えた長寿の猫だった場合は?

今回は、こうした取り組みを積極的に
行なっている海外の団体を紹介します。
25yearsold1
Kitty Adventure Rescue Leagueで保護された、
25歳の猫は、18歳の妹と保護された当時、高齢で
目が見えません。

保護した施設には既に複数15歳以上の高齢の猫が居て、
猫たちの終の棲家と化していました。
驚いたのが、この猫。
18yers
目が見えなく、体も不自由なのに、一緒に保護されてきた
18歳の妹をずっと気遣って寄り添っていたというのです。

ここに居る高齢の猫たちは、
引取られた時点で、身寄りがなかったり、
飼い主が高齢である、これ以上自宅で一緒に住めないなど
何らかの事情があり、引取られて来た猫たちばかり。
allcat
身寄りがなくなり、やがて戸籍不明になった猫たちが
終の棲家として寄り添い合っています。

幸せに暮らしていけたらいいですね。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean