1

病気で髪を失った子ども達に寄付するため髪を2年間伸ばした男の子(アメリカ)


このほど、米フロリダに住む10歳のクリスチャン・マクフェラミー(Christian McPhilamy )君は4本の10インチ(25.4センチ)のポニーテールを寄付しました。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

8歳の時からクリスチャン君は髪の毛の事でのいじめやからかいと闘いながら2年間髪の毛を伸ばし続けました。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

2年前、クリスチャン君はテレビで、セント・ジュード・チルドレンズ・ホスピタル( St Jude Children’s Hospital)の事を知って、病院の子どもの助けになる、自分に出来る事をしようと決めました。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

クリスチャン君の母親ディアナさんは「クリスチャンはテレビを見てから、自分に何ができるか自分で調べたのよ。」と誇らしげに語ります。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

それが火傷やがん治療で髪の毛を失った子ども達に送るヘアピースを作る髪の毛を寄付することだったんです。

2年後、規定の10インチのポニーテールが作れるまで髪が伸びました。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

クリスチャン君は「Children with hair loss」という団体に髪の毛を寄付しました。

2年間の間、クリスチャン君は髪の毛の事でひどい批判を受けたり、学校では「女」と呼ばれたり、いじめられたりもしました。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

しかしクリスチャン君は一度も自分の決めたゴールを諦めませんでした。

ガンで髪を失った子ども達に寄付するため2年間髪を伸ばした男の子Facebook

母親のディアナさんは「息子をとても誇りに思います。」と最後に付け加えました。

via mirror

以前はアメリカで小さい女の子が髪を切って寄付した記事を見たことがあります。

でも男の子が2年間も周りからのいじめやからかいに負けずに髪の毛を伸ばし続けたなんてなんて強くて優しい子なんでしょう。彼はヒーローです。

いじめた子どもや批判した大人はこの記事を読んで反省してほしいです。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean