1

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこ


オスの黒ねこのラドミンス(Rademenesa)は生後2か月の時に気道に炎症を起こしていると診断されました。ラドミンスは辛い闘病を乗り越え、病気を克服しました。
今彼はポーランドのアニマルシェルターに住んでいて、他の病気の動物を看病しているんです。ある時はそっと寄り添い、ある時は身体を温めてあげ、ある時は毛づくろいをしてあげたり。
その献身的な看護の姿がネットで話題になっています。

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgu

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

 

【画像】病気の動物を看護する心優しいねこimgur

via imgur

黒ねこって元々優しい子が多い気がします。きっと自分も病気だったから他の動物の痛みがわかるんですね。無償の愛てこういう事をいうんじゃないでしょうか。

こんな記事も読まれています

LINEで送る

Tree of bean